Menu
(0)

Search

『死霊のえじき』ドラマリメイク、2021年秋に米放送へ ─ ゾンビ襲撃の24時間描く、ロメロ版との繋がりあり

死霊のえじき
©United Film Distribution Company 写真:ゼータイメージ

ホラー映画の巨匠、ジョージ・A・ロメロ監督による不朽の名作『死霊のえじき』(1985)のリメイク・ドラマシリーズ「Day of the Dead(原題) 」が、2021年秋に米放送開始となることがわかった。米Varietyにて伝えられている。

オリジナル版『死霊のえじき』では、生者と死者の数が逆転した米国を舞台に、ゾンビが生き残った人間たちが立てこもる地下基地になだれ込み、そこから両者の激しい攻防戦が描かれた。ロメロによるゾンビ3部作における第3作で、『ナイト・オブ・ザ・リビングデッド』(1968)『ゾンビ』(1978)に続く同作は今もなお語り継がれる名作だ。『デイ・オブ・ザ・デッド』(2008)『死霊のえじき -ブラッドライン-』(2018)として、過去に2度もリメイクされている。

米Syfyにて放送される本作では、ゾンビが人間を襲撃してから最初の24時間を、6人の見知らぬ者が逃げ回る強烈な物語が描かれるとのこと。ゾンビたちとのサバイバルを通して、人々が改めて団結する姿が捉えられているようだ。単なるサバイバルホラーにはならないということだろう。脚本・製作総指揮には、ジェド・エリノフとスコット・トーマスが就任している。ファミリー・コメディシリーズの数々を手がけてきた人材だ。

全10話構成となる本作にて『ザ・ヴォイド』(2016)などのスティーヴン・コスタンスキが、4話分を監督する。コスタンスキ監督は本作について以前、「具体的なことは言えません」としながら、「オリジナル版との繋がりがあります」と説明していた。ロメロへの敬意や何らかの物語的繋がりを垣間見ることが出来るのかもしれない。

ドラマ「Day of the Dead(原題) 」は、2021年秋に米放送開始。

あわせて読みたい

Source:Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly