Menu
(0)

Search

『アベンジャーズ』クリス・ヘムズワース、インドで新作映画の撮影開始 ― 『インフィニティ・ウォー』ルッソ監督の脚本・製作

https://www.instagram.com/p/Bp3xlDWHSR0/ スクリーンショット

映画『マイティ・ソー』『アベンジャーズ』シリーズのソー役で知られるクリス・ヘムズワースが、Netflixオリジナル映画『ダッカ(邦題未定、原題:Dhaka)』の撮影に入っていることがわかった。自身のInstagramにて撮影の舞台裏写真が公開されている。

『ダッカ』は、誘拐されたインド人の少年を解放するべく、ヘムズワース演じる主人公が奮闘するアクション映画。以前の情報によれば、ヘムズワースが演じるのはレイクという名前の疲弊した傭兵で、身体こそ屈強だが精神的に弱っており、自分のアイデンティティや自意識との折り合いをつけながら誘拐事件に挑んでいくという。

ヘムズワースによると、すでに『ダッカ』の撮影がインドで始まってから1週間が経過しているとのこと。撮影はインドやインドネシア、タイにて2018年11月~2019年3月に実施されると伝えられていたため、おおよそ事前のスケジュール通りに企画は進行しているとみられる。

本作の製作・脚本を務めるのは、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)や『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)を監督したアンソニー&ジョー・ルッソ。ヘムズワースは製作も兼任する。
監督は『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』や『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)、『アトミック・ブロンド』(2017)などでスタント・コーディネーターを担当してきたサム・ハーグレイヴで、本作が長編監督デビュー作となる。

今回の投稿で、ヘムズワースは「今までで一番激しいアクションシーンに、(インドの)暑さが切れ味を加えてます。だけどすごく良いものが撮れてますよ!」とコメント。スタント出身のアクション映画監督といえば、『アトミック・ブロンド』や『デッドプール2』(2018)のデヴィッド・リーチがハリウッドの注目株として高い人気を獲得している。ヘムズワース&ハーグレイヴ監督、そしてルッソ兄弟の組み合わせによってどんな作品が生まれるのか…?

Netflixオリジナル映画『ダッカ(邦題未定、原題:Dhaka)』の配信時期は不明
なおヘムズワースは『アベンジャーズ』第4作のほか、『メン・イン・ブラック』新作スピンオフ映画(タイトル未定)の撮影を終えたばかり。いまやハリウッドのトップスターとあって、多忙なスケジュールはしばらく続くことになりそうだ。

Source: Chris Hemsworth

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly