Menu
(0)

Search

マーベル『エターナルズ』がLINEマンガ化、初回は日本の平安京が舞台

マーベル『エターナルズ』がLINEマンガ化

マーベル・シネマティック・ユニバースで映画も公開され大きな話題となったエターナルズが、LINEマンガになった。一話完結の作品で、初回の舞台は日本の平安京となっている。

『エターナルズ:500年戦争』は、太古から人類を見守ってきた「エターナルズ」と呼ばれるヒーローたちの活躍を描いた、壮大なアクション・ファンタジーwebtoon作品。“ディヴィアンツ”と呼ばれる強大かつ邪悪な人類最古の敵集団と繰り広げられる迫力満点のバトルシーンはもちろん、世界各地の文化財を通して、ヒーローたちが時代を超え、その当時の人々や人類の様々な文化と交流する姿も非常に興味深い作品となっている。

一話完結で舞台は毎回変わり、国際的なクリエイティブチームの中から、その舞台を母国とするアーティストたちがストーリーと作画を担当。最初のの歴史舞台は日本の平安京で、AKI YANAGIが原作を、RICKIE YAGAWAが作画を担当(第2話)。

MarvelのチーフエディターであるC.B. Cebulskiは、「『エターナルズ』は、国境を取り払い、多種多様な文化を持つキャラクターたちがファンの想像を超えるような興奮を与えてくれます」と自信を語る。

マーベル『エターナルズ』がLINEマンガ化

世界10カ国語でサービス展開し、月間利用者数8,200万、累計ダウンロード数2億超を誇る「LINEマンガ」(日本)も所属する電子コミックプラットフォームのグローバル連合体“WEBTOON worldwide service”上において、『エターナルズ』は、80年以上も愛され続けるMarvelの壮大な物語へと、世界中の電子コミックファンを誘う。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly