Menu
(0)

Search

DC映画トップのウォルター・ハマダ、ワーナー離脱

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

米ワーナー・ブラザースで15年、DCフィルムズの社長として4年間従事したウォルター・ハマダが、ワーナー・ブラザース・ディズカバリーを退職したことがわかった。米Deadlineが伝えた。DC映画の潮目が変わることを示している。

ハマダは『死霊館』『IT/イット』シリーズなどホラー映画のプロデュースで成功を収めた。DCフィルムズにおいては、2018年の『ジャスティス・リーグ』不振を受け、ジョン・バーグに代わって社長就任。以来DC映画は、ハマダの指揮のもと『アクアマン』(2018)や『シャザム!』(2019)といった明るい路線の作風や、『ジョーカー』(2019)『THE BATMAN-ザ・バットマン-』(2022)での独自路線の開拓で、作品主体の戦略を推進した。また、配信サービスHBO Maxを活用し、『ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)のスピンオフドラマ「ピースメイカー」を実現させた人物でもある。

デヴィッド・ザスラフ率いる新会社ワーナー・ブラザース・ディスカバリーが誕生してからは、DC映画の方針は大きく揺れていた。もっともハマダ自身は、ザスラフに会う以前から自分の任期は残り短いことを悟っていたという。

ハマダの離脱は、「バットガール」お蔵入り騒動が決定打の一つになったようだ。実は「バットガール」のお蔵入りは事前にハマダに通達されておらず、後から知らされたハマダは非常に動揺したという。これを受けてハマダは弁護士と共に退社を検討。少なくとも『ブラックアダム』米公開(2022年10月21日)までは残留する合意に至った。そして『ブラックアダム』の米公開に伴い、この度退職が報じられたという流れ。

既にハマダは自身のオフィスを片付け、また最近のクリエイティブ・ミーティングにも出席していなかったとされる。このことから、「バットガール」後のある時点で、ハマダは事実上職務からある程度離れており、計画的な退職だったことがうかがえる。現在は、退職金の最終調整に入っているところだという。

ザスラフはDC映画における「ケヴィン・ファイギ」のようなリーダーを探している最中で、ハマダもこのオファーを受けたが断っている。ザスラフの方針や、新体制に迎合できずの退職となった。

CheckどうなるDCリーダー探し
  1. 1. 【解説】米ワーナーメディア、ディスカバリーと新企業設立へ ─ ワーナー・ブラザース&HBO Maxの今後どうなる、ゲーム部門は分裂
  2. 2. DC映画、再び戦略の抜本的見直しを実施 ─ スーパーマンほか再開発、ケヴィン・ファイギ的存在の起用を検討
  3. 3. 『ファンタビ』に暗雲、継続のカギは『ハリー・ポッターと呪いの子』映像化に? ─ 続編ゴーサインは「数週間」の猶予か
  4. 4. ハリー・ポッター魔法ワールド「新コンテンツ」立ち上げか、J・K・ローリングと面会実施へ
  5. 5. ワーナー新幹部、低収益のイーストウッド『クライ・マッチョ』をなぜ公開したのかと問う
  6. 6. DCのケヴィン・ファイギ的リーダーに『ジョーカー』トッド・フィリップス監督を検討か、米ワーナー
  7. 7. ハリー・ポッター魔法ワールド、「仕切り直し」の可能性 ─ 『ファンタビ』の興行不振、大きな改革の動き
  8. 8. 【解説】製作費120億円のDC映画『バットガール』お蔵入り、撮影済みにも関わらず
  9. 9. 【解説】DC10年計画、発表 ─ 「これからは品質重視」米ワーナーCEO、『バットガール』異例中止の理由は
  10. 10. 『バットガール』お蔵入り騒動、DC映画の統括役がスタジオ離脱の可能性 ─ 『ジョーカー』『ザ・バットマン』手がけた重鎮
  11. 11. 『バットガール』監督、お蔵入りは「完成度のせいではない」と強調 ─ 映画は未完成、いまや映像にもアクセスできず
  12. 12. お蔵入りのDC映画『バットガール』、未完成のまま関係者試写を実施
  13. 13. DC映画版ケヴィン・ファイギの座に『IT/イット』『LEGO ムービー』プロデューサーが有力
  14. 14. 「DC映画版ケヴィン・ファイギ」候補者との交渉が破談 ─ リーダー探しはなおも続く
  15. 15. DC映画トップのウォルター・ハマダ、ワーナー離脱
  16. 16. 『アクアマン』『シャザム!』のDC映画プロデューサーが新契約を締結 ─ 『ザ・スーサイド・スクワッド』やジェームズ・ガン新作にも参加
  17. 17. 【解説】ジェームズ・ガン、DC新リーダーに就任 ─ その経緯とマーベルでの今後について
  18. 18. ジェームズ・ガンがDCスタジオのトップ就任 ─ DC新体制が初日迎える
▼ DCの記事

Source:Deadline

Writer

中谷 直登
中谷 直登Naoto Nakatani

THE RIVER創設者。運営から記事執筆・取材まで。数多くのハリウッドスターにインタビューさせていただきました。お問い合わせは nakatani@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly