Menu
(0)

Search

『アクアマン』『シャザム!』のDC映画プロデューサーが新契約を締結 ─ 『ザ・スーサイド・スクワッド』やジェームズ・ガン新作にも参加

DCコミックス
The DC logo is a trademark of DC Comics.

アクアマン』『シャザム!』シリーズなど、DC映画のプロデューサーを務めるピーター・サフランが、米ワーナー・ブラザースと3年間の新契約を結んだことがわかった。米Deadlineが報じている。

死霊館』シリーズでジェームズ・ワン監督とタッグを組んだサフランは、ワンが監督を務めた、ジェイソン・モモア主演『アクアマン』(2018)でDC映画に参入し、同作を大ヒットに導いた。同じく『死霊館』シリーズから派生した『アナベル 死霊人形の誕生』(2017)のデヴィッド・F・サンドバーグ監督による『シャザム!』(2019)でも製作を担当。『アクアマン』『シャザム!』シリーズは、ともに2023年に続編を控えている。

サフランはジェームズ・ガン監督とも親交が深く、ガンのDC初監督作品ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結』(2021)を手がけたのち、ドラマピースメイカー(2022‐)の製作総指揮を務めた。今後は「ピースメイカー」シーズン2にも続投するほか、先日の報道によると、ガンが企画する謎の新作映画にも参加。さらに2023年には、初のラテン系スーパーヒーロー単独映画『ブルービートル(原題)』の公開も予定されている。

いまやサフランは、『ジョーカー』(2019)のトッド・フィリップス、『THE BATMAN―ザ・バットマン―』(2022)のマット・リーヴスに並んで、DC映画の中核を担う重要な存在だ。DCフィルムズの社長を務めたウォルター・ハマダがワーナーを去った今、業界では「サフランが後任となることもありうる」とささやかれたが、今回の新契約はその可能性を否定するものだ。今後もサフランは、従来と変わらないスタイルでDC映画に貢献していくことになる。

ワーナーとサフランは『死霊館』ユニバースも引き続き展開しており、現在は『死霊館のシスター』(2019)の続編映画『The Nun 2(原題)』が2023年9月の米国公開を目指して進行中。ちなみにサフラン率いるThe Safran Companyは、イドリス・エルバ主演『Heads of State(原題)』でAmazonともタッグを組む予定。DC映画にとどまらず、ハリウッドでの存在感を今後さらに強めていくことになりそうだ。

CheckどうなるDCリーダー探し
  1. 1. 【解説】米ワーナーメディア、ディスカバリーと新企業設立へ ─ ワーナー・ブラザース&HBO Maxの今後どうなる、ゲーム部門は分裂
  2. 2. DC映画、再び戦略の抜本的見直しを実施 ─ スーパーマンほか再開発、ケヴィン・ファイギ的存在の起用を検討
  3. 3. 『ファンタビ』に暗雲、継続のカギは『ハリー・ポッターと呪いの子』映像化に? ─ 続編ゴーサインは「数週間」の猶予か
  4. 4. ハリー・ポッター魔法ワールド「新コンテンツ」立ち上げか、J・K・ローリングと面会実施へ
  5. 5. ワーナー新幹部、低収益のイーストウッド『クライ・マッチョ』をなぜ公開したのかと問う
  6. 6. DCのケヴィン・ファイギ的リーダーに『ジョーカー』トッド・フィリップス監督を検討か、米ワーナー
  7. 7. ハリー・ポッター魔法ワールド、「仕切り直し」の可能性 ─ 『ファンタビ』の興行不振、大きな改革の動き
  8. 8. 【解説】製作費120億円のDC映画『バットガール』お蔵入り、撮影済みにも関わらず
  9. 9. 【解説】DC10年計画、発表 ─ 「これからは品質重視」米ワーナーCEO、『バットガール』異例中止の理由は
  10. 10. 『バットガール』お蔵入り騒動、DC映画の統括役がスタジオ離脱の可能性 ─ 『ジョーカー』『ザ・バットマン』手がけた重鎮
  11. 11. 『バットガール』監督、お蔵入りは「完成度のせいではない」と強調 ─ 映画は未完成、いまや映像にもアクセスできず
  12. 12. お蔵入りのDC映画『バットガール』、未完成のまま関係者試写を実施
  13. 13. DC映画版ケヴィン・ファイギの座に『IT/イット』『LEGO ムービー』プロデューサーが有力
  14. 14. 「DC映画版ケヴィン・ファイギ」候補者との交渉が破談 ─ リーダー探しはなおも続く
  15. 15. DC映画トップのウォルター・ハマダ、ワーナー離脱
  16. 16. 『アクアマン』『シャザム!』のDC映画プロデューサーが新契約を締結 ─ 『ザ・スーサイド・スクワッド』やジェームズ・ガン新作にも参加
  17. 17. 【解説】ジェームズ・ガン、DC新リーダーに就任 ─ その経緯とマーベルでの今後について
  18. 18. ジェームズ・ガンがDCスタジオのトップ就任 ─ DC新体制が初日迎える
▼ DCの記事

Source: Deadline

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly