Menu
(0)

Search

巨匠テレンス・マリック監督最新作『A Hidden Life』2020年2月、日本公開決定 ─ 名門FOXサーチライト配給、賞レースへの期待高まる注目作

A Hidden Life(原題)
(C)2019 Twentieth Century Fox

『シン・レッド・ライン』(1998)『ツリー・オブ・ライフ』(2011)の巨匠テレンス・マリック監督による最新作『A Hidden Life(原題)』が、優れた作品ばかりを送り出しつづける名門、FOXサーチライト・ピクチャーズの配給で2020年2月に全国公開されることが決定した。

物語の舞台は、第二次世界大戦下、ドイツの侵攻とともにナチスの支配下に入ったオーストリア。度重なるナチスドイツの従軍指令や、その軍門にくだった教会の指示に従わず、ひたすら自分の信念と妻や娘への愛に生きて36歳で殉教した誠実な農夫、フランツ・ヤゲルシタッターの知られざる生涯が描かれる。


監督・脚本を務めるテレンス・マリックは、他の追随を許さぬ、独自の美学に貫かれた傑作を生み出してきた伝説的映画監督。代表作には、第32回カンヌ国際映画祭監督賞受賞、第51回アカデミー賞4部門ノミネートの『天国の日々』(1978)、第49回ベルリン国際映画祭金熊賞受賞、第71回アカデミー賞7部門ノミネートの『シン・レッド・ライン』、第64回カンヌ国際映画祭 パルムドール(最高賞)受賞、第84回アカデミー賞3部門ノミネートの『ツリー・オブ・ライフ』などがある。

半世紀近くにわたる輝かしいキャリアの最新作となる『A Hidden Life』は、あまりに美しい映像美のみならず、誰もが感動を禁じえないストーリーテリングで、さらなる頂点を極めたとの呼び声も高い。すでに第72回カンヌ国際映画祭コンペティション部門での公式上映後には万感のスタンディングオベーションが巻き起こり、批評家からも「『ツリー・オブ・ライフ』以来の最高傑作」「まさに天才の仕事」「途方もなく美しく、胸が張り裂ける作品」といった評価が相次いだ、本年度の賞レースにおける重要作だ。

主演は『イングロリアス・バスターズ』(2009)『マリアンヌ』(2016)などで知られ、アカデミー賞の有力候補として注目を浴びる、ドイツを代表する名優アウグスト・ディール。また、『ベルリン・天使の詩』(1987)『ヒトラー ~最期の12日間~』(2004)などに出演し、惜しくも2019年2月に亡くなり本作が遺作となった名優ブルーノ・ガンツが重厚な物語を支えている。

ハリウッドのメジャースタジオや配信大手など6社による争奪戦の末、FOXサーチライト・ピクチャーズが、北米・イギリス・日本など主要国の配給権を獲得。2019年9月9日(月・現地時間)には第44回トロント国際映画祭での公式上映も控えており、アカデミー賞の前哨戦としても名高いトロントの地で大きな存在感を示すことが期待されている。

映画『A Hidden Life(原題)』は2020年2月ロードショー

こちらもFOXサーチライト配給です

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Tags

Ranking

Daily

Weekly

Monthly