リドリー・スコット監督、『エイリアン』からゼノモーフ引退の必要性を強調「使い尽くした」

『エイリアン』(1979)を手がけ、その前日譚である『プロメテウス』(2012)や『エイリアン:コヴェナント』(2017)を監督したリドリー・スコットが、同シリーズのアイコンともいうべき存在であるゼノモーフを引退させるべきだという意向を示している。

(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

「ゼノモーフは使い尽くした」

米The Hollywood Reporterの企画でプロデューサー同士の対談に登場したリドリーは、『ブレードランナー 2049』(2017)で自身がプロデューサーに回り、監督をドゥニ・ヴィルヌーヴに委ねた理由を尋ねられている。すると彼は、例え話として『エイリアン』シリーズに言及したのだ。


「『プロメテウス』は(シリーズを)ゼロ地点から始めようとしました。『エイリアン:コヴェナント』ではアイデアを長持ちさせよう、エイリアン・ユニバースを再展開しようとしたんです。私個人としては、ビースト(ゼノモーフ)は使い尽くしたと思っています。なにか別のものを入れなきゃいけない、(ゼノモーフと)入れ替えなきゃいけないって。」

こう述べたあと、リドリーが「私は正しかった、勝負の先を行っていたと思います」と口にしているのは、『エイリアン:コヴェナント』の賛否両論ぶりを示しているのだろうか……?

ともかくリドリーは、自身をゼノモーフに例えることで『ブレードランナー』の続編にドゥニを起用した理由を説明したわけである。
ところが、彼が従来の『エイリアン』シリーズに限界を訴えるのは今回が初めてではない。英Empireのポッドキャストにて、リドリーは「エイリアンそのものを進化させるのはほとんど限界だと思います。(『エイリアン:コヴェナント』では)そこを超えて、別の物語へ移ろうとしたんです」と語っているのだ。

 

『エイリアン:コヴェナント』ではジェームズ・キャメロン監督から「自分が育てたキャラクターをぶち壊すような映画は好きじゃない」と厳しいコメントを受けたリドリーだが、その胸中には『エイリアン』シリーズをそのまま進めることの困難さがあったのだろう。
しかし、このように語るリドリーは、『エイリアン:コヴェナント』から始まる新たな3部作を構想していることも以前明らかにしている。果たして、彼の脳内ではいったいどんな物語が描かれているのだろうか……?

エイリアン

『エイリアン』
ブルーレイ発売中 ¥2,381+税
20世紀フォックス ホーム エンターテイメント ジャパン

(C)2012 Twentieth Century Fox Home Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 

Sources: https://www.cbr.com/ridley-scott-alien-no-more-xenomorph/
https://www.empireonline.com/movies/blade-runner-2049/empire-podcast-283-ridley-scott-denis-villeneuve/

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。