Menu
(0)

Search

『ベイマックス』MCU合流はありうるか、実写デビューの噂が一蹴される

ベイマックス
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータ イメージ

ディズニーのアニメ映画『ベイマックス』(2014)は、マーベル・コミックを原作に、『アナと雪の女王』シリーズや『ズートピア』(2016)などを手がけたウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオが製作を務めた一作。現在、マーベルのコミックは基本的にマーベル・スタジオ(同じくディズニー傘下)が映画化しているため、極めてイレギュラーなケースだったと言えるだろう。

では、『ベイマックス』の主人公である天才少年ヒロ・ハマダとケア・ロボットのベイマックス、そしてヒーローチームがマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)に参入することはありうるか。2021年2月21日(米国時間)、米DisInsider「『ベイマックス』のキャラクターがMCUにて実写デビューする」と報じた。少なくとも、ベイマックスとヒロは登場することになるだろうと。もっとも、この噂は即座に否定されているのだが……。

話題の初出から2日後の2月23日、米Variety「『ベイマックス』のキャラクターがMCUに実写で登場する予定はない」と報じた。業界屈指の大手紙たるVarietyが、ディズニー内部の情報源に確認した情報だという。記者は「『ベイマックス』のMCU合流が期待されるのは十分理解できる」「将来的に実現する可能性はある」と記しているが、現時点ではディズニー・アニメーション・スタジオでの展開が続くだろうということだ。

『ベイマックス』はマーベル・コミック作品『Big Hero 6(原題)』を原案に、設定や世界観、キャラクターのデザインを大幅に変更してアニメ映画化したもの。ディズニーは『ベイマックス』に続き、アニメシリーズ「ベイマックス ザ・シリーズ」(2017-2021)を製作しており、2020年12月には、Disney+での新シリーズ「ベイマックス!(原題:Baymax!)」を発表。今後も独自路線でフランチャイズの拡大を進めていく。

あわせて読みたい

Sources: Variety, DisInsider

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly