Menu
(0)

Search

ローランド・エメリッヒ監督、『ゴジラ』ハリウッド版は「やりたくなかった」

GODZILLA(1998)
© Sony Pictures|写真:ゼータ イメージ

『インデペンデンス・デイ』シリーズをはじめ、『デイ・アフター・トゥモロー』(2004)などでおなじみのディザスター映画の巨匠、ローランド・エメリッヒ。1998年には、『ゴジラ』のハリウッド版を手掛けていたが、どうやら本作の監督を引き受けたくはなかったようだ。

ローランド・エメリッヒ監督は、『インデペンデンス・デイ』(1996)を発表した後、小惑星が地球に衝突する危機を描く映画を企画していたようだが、その代わりに、『GODZILLA』を手掛けることになった。The Hollywood Reporterのインタビューにてエメリッヒ監督は、「『ゴジラ』はやりたくありませんでした」と吐露している。製作側から前代未聞の契約を提示されたというが、エメリッヒ監督は相手が受け入れられないであろう提案を返すことにしたのだ。「“腹の大きいゴジラにはしません。トカゲにします”と伝えましたよ」。

これはエメリッヒ監督にとって依頼を断る口実だったが、「(『ゴジラ』のオーナーである東宝に)“それではこれを新しいゴジラ、ハリウッド・ゴジラと呼ぶことにしましょう”」と言われてしまったようで、それは監督にとっても意表を突かれる展開だったようだ。「“しまった!”と思いましたよ。隕石災害映画に取り組んでいたのですが、『ゴジラ』を作ることになり流れてしまいました。そこに突然、マイケル・ベイが現れて、彼が先にやることになってしまったわけです」。ブルース・ウィリスが主演を務め世界中で記録的な興行収入を叩き出した映画、『アルマゲドン』(1998)に先を越されてしまったわけだ。

ちなみにエメリッヒ監督の最新作『Moonfall(原題)』は、謎の力によって軌道から外れた月が地球に迫ってくる物語。当時、監督が製作できなかった企画への想いが込められていそうだ。同作は、2022年2月4日に米国公開予定である。

あわせて読みたい

Source: The Hollywood Reporter

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly