『アイアンマン』アーク・リアクターの製作シーン、小道具担当者が「10年間で一番大変だった」と明かす

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の10年間は、誰もがその名前を知るわけではない才能によって支えられてきた。2008年『アイアンマン』から2019年公開『アベンジャーズ』第4作(正式タイトル不明)まで、数々の作品に断続的に携わった小道具スタッフのラッセル・ボビット氏は確実にその一人である。アイアンマンのアーク・リアクター、ソーのムジョルニア、『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)以降に登場するキャプテンの盾、これらはラッセル氏が生み出したものだ。

1980年代からハリウッドで小道具を製作してきた“職人”ラッセル氏にとって、MCUの過去10年で一番大変だった小道具とは何だったのだろう? 米IMDbのインタビューにて、ラッセル氏は『アイアンマン』のアーク・リアクターを挙げている。


ロバート・ダウニー・Jr.、「はんだ付け」に挑んでいた

『アイアンマン』の前半シーンで、洞窟にてトニー・スタークは初めて自分の心臓部に埋め込むアーク・リアクターを創ることになる(該当シーンは上の映像にて確認可能)。ラッセル氏にとってMCU最大の挑戦とは、まさしくこの「アーク・リアクター製作シーン」だったそうだ。

「私にとって一番困難だったシーンは、『アイアンマン』の洞窟のシーン、ロバート・ダウニー・Jr.が最初のアーク・リアクターを作らなきゃいけない場面ですね。(実際に)どんな配線になっているかを教えて、彼(ロバート)がはんだ付けをしているんです。それをものすごいクローズアップで撮った。あの場面がアイアンマンというものを明確に示したわけですよね。」

すなわち『アイアンマン』でアーク・リアクターが作られるシーンでは、ロバートが実際の作業にあたっており、その様子がそのまま映し出されているのである。単純に“画面に映る小道具を作る”というだけではない、ラッセル氏の細やかな仕事ぶりがうかがえるエピソードだろう。

 

ちなみにラッセル氏は、自身が想像だにしなかった小道具の例として、『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)でサノスが使用したインフィニティ・ガントレットを挙げている。そもそも、ガントレットがスクリーンに初登場したのは『マイティ・ソー』(2011)だったのだ。

「これほど大きな存在になるとは知らなかった小道具もありますよ。『マイティ・ソー』の撮影中にケヴィン・ファイギ(マーベル・スタジオ社長)がやってきて、“あのね、画面の背景に小さなガントレットを置こうと思うんですけど”って言ったんです。だから作ったんですが、いずれインフィニティ・ガントレットが主人公の映画ができるとは思いませんでしたね。」

ケヴィン社長はこれまでにも、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)の脚本執筆中に“鶴の一声”で大きな変化をもたらすなど、作品に直接的な影響を数多く与えてきたことで知られている。まさかそうした判断が、小道具のひとつまでにも及んでいたとは……!

Source: IMDb

About the author

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。