Menu
(0)

Search

『ハングオーバー!』チーム新作『ジェクシー!』公開決定 ─ 恋するスマホの暴走ストーキング、マイケル・ペーニャも上司役で出演

ジェクシー! スマホを変えただけなのに
©2019 CBS Films Inc. All Rights Reserved. 

『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009)の原案・脚本を手掛けた、ジョン・ルーカス&スコット・ムーアが放つコメディ『Jexi(原題)』が、ジェクシー! スマホを変えただけなのにという聞いたことのあるような副題が付いた邦題で2020年8月14日(金)より日本公開されることがわかった。

子供ころからスマホ依存症のフィル。恋人も友達もゼロで唯一の心の友はスマホ。そのスマホが不慮の事故で故障してしまい、機種変更で新たに手に入れたスマホにはライフコーチ機能“ジェクシー”が搭載されていた。

うだつの上がらないフィルの生活を全てコーチングしていくジェクシー(ただし頼んではいない)。はじめは振り回されるフィルだったが、ジェクシーのお陰で彼女ができ、劇的に生活が改善されていく。

しかし、彼女とうまくいき、スマホ依存症が改善され始めるとジェクシーの様子が豹変する。暴走を始めたジェクシーに命を狙われるフィルの運命は…

暴走するスマホに命を狙われる主人公フィルを演じるのは、『マイ・インターン』『ピッチ・パーフェクト』に出演し、全米でソールドアウトを連発する自身のコメディユニット「メール・オーダー・コメディ(MOC)」では、全ての脚本・出演を手掛けるなど注目を集める新進気鋭コメディ俳優アダム・ディヴァイン。フィルがジェクシーの後押しで恋人になるケイトを演じるのは、『X-MEN:ダーク・フェニックス』(2019)ストーム役アレクサンドラ・シップ。フィルの職場の上司カイ役は『アントマン』シリーズでおなじみマイケル・ペーニャ。そしてジェクシーの声を『ピーターラビット』シリーズのビア役を演じたローズ・バーンが務めている。監督、脚本は『ハングオーバー!消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』(2009)の脚本家コンビとして有名なジョン・ルーカス&スコット・ムーア。

『ジェクシー! スマホを変えただけなのに』は2020年8月14日(金)ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国ロードショー。

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

Ranking

Daily

Weekly

Monthly