『ジャスティス・リーグ』フラッシュ対スーパーマン、撮影舞台裏が公開 ─ 高速の戦い、どうやって撮られた?

DCコミックスのスーパーヒーローが集結する映画『ジャスティス・リーグ』(2017)。超人的な能力を持つスーパーマンと超高速で移動できるフラッシュによる対決シーンは、人気ヒーローが競演する本作ならではの魅力のひとつ。2018年3月21日発売のBlu-ray&DVD映像特典より、この対決シーンのメイキング映像が到着した。


復活を果たしたスーパーマン。誰より高速で動くフラッシュが、その“速さ”を生かしてスーパーマンの後ろに回り込み、争いを収めようとする。フラッシュと周りとでは“速度”が違うため、シーンの様々な要素を分解し、異なる場所で映像を作り上げていると効果監修のスタッフは明かす。疾走する場面の撮影方法として、ハーネスで体をつりあげられたフラッシュ演じるエズラ・ミラーを高フレームレート(1秒あたりのコマ数が高いほうがよりきめ細かな映像を撮影できる)で撮影した様子が収められている。グリーンバックならぬ全身グリーンタイツに包まれたスタッフ数名が、ベルト式の器具で腰を固定されたエズラを自在に操っている映像は衝撃的だ。
また、エズラ自身も時に意見を出しながら、スーパーマンからの視線に合わせた的確な表情や動きを作るための分析を行うなど、スタッフの期待に応えていた事がわかる。

そんなエズラ・ミラーが、自身の役について嬉々として語るインタビュー映像も合わせて公開されている。「ジャスティス・リーグの仲間が僕は大好きだ」とストレートに述べている通り、本作への愛情が伝わってくる。

『ジャスティス・リーグ』ブルーレイ&DVDは、2018年3月21日発売・レンタル開始/デジタルレンタル配信開始。

About the author

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。