Menu
(0)

Search

『ジュラシック・ワールド』第3作、撮影中断が決定 ─ 新型コロナウイルスの影響、2021年6月米公開

ジュラシック・ワールド/炎の王国
(c) Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc. and Legendary Pictures Productions, LLC.

ジュラシック・ワールド』シリーズ最新作ジュラシック・ワールド/ドミニオン(原題:Jurassic World: Dominion)』の撮影が、新型コロナウイルスの影響で中断されることがわかった。米DeadlineVarietyなどが報じている。

2020年3月13日(金曜日・米国時間)、米ユニバーサル・ピクチャーズは、『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』のほか、女性ボクサーのクラレッサ・シールズを描く伝記映画『フリント・ストロング(原題:Flint Strong)』、ジャド・アパトー製作のコメディ映画(タイトル未定)の撮影あるいは撮影準備を見合わせることを決定。いずれの作品も、すでに企画が中断されているか、あるいは週末をもって中断される。

『ジュラシック・ワールド/ドミニオン』は2月25日(米国時間)に撮影が開始されたばかりだった。しかし新型コロナウイルスの感染拡大を受け、スタジオ側は、関係者全員の安全のため、撮影を延期することが最善だと判断したとのこと。声明によると、ユニバーサルは状況を注視しながら、今後数週間以内に撮影の再開時期を決定するという。

主演のクリス・プラットは、以前、本作の撮影が約100日間にわたって世界各国で実施されること、クリスも2020年7月まで撮影に断続的に参加することを明かしていた。撮影の中断で計画全体に変更が生じるものとみられるが、今後のスケジュールへの影響はまだわかっていない。なお、本作は2021年6月11日に米国公開予定と告知されている。

本作にはオーウェン役のクリス・プラット、クレア役のブライス・ダラス・ハワードのほか、『ジュラシック・パーク』(1993)からはアラン・グラント役のサム・ニール、エリー・サトラー役のローラ・ダーン、イアン・マルコム役のジェフ・ゴールドブラムが復帰。脚本・監督は『ジュラシック・ワールド』のコリン・トレボロウ、共同脚本は『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)のエミリー・カーマイケルが務める。

あわせて読みたい

Sources: Deadline, Variety

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。劇場用プログラムや各種媒体への寄稿なども喜んで承りますので、お気軽にお尋ねください。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly