Menu
(0)

Search

『スパイダーマン:スパイダーバース』フィル・ロード&クリス・ミラー、マーベル新作ドラマ製作へ ─ 米ソニーと5年間の包括契約結ぶ

スパイダーマン:スパイダーバース
(c) 2018 Sony Pictures Animation Inc. All Rights Reserved. | MARVEL and all related character names: (c) & ™ 2019 MARVEL.

アニメ映画スパイダーマン:スパイダーバース(2018)の製作総指揮を手がけ、第91回アカデミー賞にて長編アニメ映画賞を射止めたフィル・ロード&クリス・ミラーが、米ソニー・ピクチャーズ・テレビジョンにて、マーベル・コミックを基とする新作ドラマシリーズを製作することになりそうだ。米The Hollywood Reporterなどが報じている。

今回の報道によると、フィル&クリスは20世紀フォックス・テレビジョンとの契約を満了し、このたびソニー・ピクチャーズ・テレビジョンと5年間の包括契約を結んだとのこと。二人は同社にて、テレビ放送やストリーミング配信で発表される新作コメディやドラマ企画を創作・開発、また他の脚本家による企画の監修も務める。今回の契約で、フィル&クリスは数億ドルの報酬を受け取る見込みだ。

二人がソニーとのタッグで手がけるのは、自身のオリジナル企画のほか、ソニーが映像化権を有するマーベル・キャラクターを主人公とするドラマシリーズ。現時点で扱われるマーベルのキャラクターは未定だというが、映画化が進んでいるスパイダーマンヴェノム、モービウスといった顔ぶれも候補に入っているものとみられる。同じく『スパイダーバース』のキャラクターも、おそらく候補に挙がっていることだろう。一部の企画は、『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)『ヴェノム』(2018)『スパイダーマン:スパイダーバース』を手がけたプロデューサーのエイミー・パスカルが製作を担当するという。

フィル・ロード&クリス・ミラー
NEW YORK, NY – OCTOBER 06: Producers Phil Lord and Christopher Miller attend Columbia Pictures and Sony Pictures Animation’s SPIDER-MAN: INTO THE SPIDER-VERSE panel during New York Comic Con at Madison Square Garden on October 6, 2018 in New York City. (Photo by Cindy Ord/Getty Images for Sony Pictures)

これまでフィル&クリスは、ソニーとの間で『くもりときどきミートボール』『21ジャンプ・ストリート』シリーズや『スパイダーバース』を製作。少女とロボットの冒険と絆を描くアニメ映画『The Last Human(原題)』のほか、すでに複数の企画が進行しているという。今回の契約にあたって、二人は連名でコメントを発表した。

「私たちをパートナーに選び、スタジオとのゆるぎない関係を広げてくださったソニー・ピクチャーズ・テレビジョンのみなさんに深く感謝します。私たちがともに目的としているのは、最高の品質と品位をもった画期的な作品を製作すること、そして、皆さんがどこにいようとも見聞きしやすい場所で作品を発表することです。」

またソニー・ピクチャーズ・テレビジョンのジェフ・フロスト氏は、二人の才能に全面的な信頼を寄せている。

「フィル&クリスは、彼らの触れてきたメディアやジャンルをすべて刷新してきました。テレビや長編映画、アニメーションにかかわらず、ご自身のブランドとスタイルを生み出してきたのです。素晴らしいクリエイター、ショーランナーを迎えられること、そしてコメディやドラマ、アニメーションなどテレビのあらゆる側面でコラボレーションできることを楽しみにしています。」

『スパイダーバース』でアニメ映画の新局面を切り開き、世界を驚愕させた二人が、今度はテレビの世界にさらなる革新をもたらすか。今後登場する企画の詳細情報が待ち遠しい。

映画『スパイダーマン:スパイダーバース』は、2019年8月7日(水)ブルーレイ&DVD発売、同時レンタル開始。6月26日(水)よりデジタル先行配信。

スパイダーマン:スパイダーバース

■プレミアム・エディション【初回生産限定】 9,200円+税
■ブルーレイ&DVDセット【初回生産限定】 4,743円+税
■4K ULTRA HD&ブルーレイセット【初回生産限定】 6,800円+税
■IN 3D【初回生産限定】 5,695円+税

公式ホームページ:http://www.spider-verse.jp/site/

あわせて読みたい

Source: THR

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly