Menu
(0)

Search

『スター・ウォーズ』シリーズ、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』以降は公開ペース落とす意向 ― 今後のラインナップ&スケジュールを検討へ

スター・ウォーズ
©Twentieth Century-Fox Film Corporation Photographer: John Jay 写真:ゼータ イメージ

米ウォルト・ディズニー・カンパニーのボブ・アイガーCEOが、2019年公開の映画スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』以降、『スター・ウォーズ』映画作品の公開ペースを落とす意向を明らかにした。米The Hollywood Reporterのインタビューにて語られている。

スター・ウォーズ
©Twentieth Century-Fox Film Corporation Photographer: John Jay 写真:ゼータ イメージ

『スター・ウォーズ』新作ラッシュとその反動

2012年、ディズニーはルーカスフィルムを買収し、『スター・ウォーズ』新3部作とスピンオフ(アナザー・ストーリー)作品の製作を開始。『フォースの覚醒』(2015)、『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』(2016)、『最後のジェダイ』(2017)、『ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー』(2018)を公開し、今後は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』が控えているほか、ライアン・ジョンソン監督による3部作、「ゲーム・オブ・スローンズ」(2011-)の製作陣による新シリーズの計画も存在する。

ところが『スター・ウォーズ』シリーズの不穏な気配が漂いはじめたのは、2018年5月に『ハン・ソロ』が米国で公開された頃からだ。同作は2017年12月に『最後のジェダイ』が公開された約5ヶ月後の封切りとなったわけだが、スタジオが望んだ興行収入を国内・海外ともに下回り、『スター・ウォーズ』最新作としては芳しくない数字に終わってしまったのである。この結果を受けて、シリーズのファンは「毎年新作を公開すべきでない」「スケジュールを見直すべき」といった声を寄せていた。

このたびアイガー氏は、とりわけ『最後のジェダイ』と『ハン・ソロ』の公開時期が興収の問題につながったことを暗に指しながら、「私が公開時期を決めました。少しばかりペースが早すぎたのは私の失敗ですし、私の責任です」と述べた。そして『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』以降の作品について公開ペースを落とすことを示唆している。

「(新作公開の)ペースを落とすと予想されていますが、それは私たちが(『スター・ウォーズ』の)映画を作らないということではありません。J・J(・エイブラムス)は『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』の製作で忙しくしていますしね。(「ゲーム・オブ・スローンズ」の)デイヴィッド・ベニオフとD・B・ワイスが製作しているサーガを含め、私たちにはクリエイティブな財産があります。ただし、どういう内容かは具体的になっていません。
いま、私たちはJ・Jの作品(『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』)の後に何を作るかを決めはじめているところです。作品のボリュームやタイミングについては、今までよりも気を配ることになるでしょう。すべての責任は私が負います。」

先日、『最後のジェダイ』のライアン・ジョンソン監督は、自身の手がける3部作の企画が現在も進行中であることを明かしていた。ただしアイガー氏の発言から状況を推測するに、今後の予定はこれから具体的に検討されることになるのだろう。ジョンソン監督の3部作か、「ゲーム・オブ・スローンズ」チームの新シリーズか、どちらが先になるかはまだわからない。

なお今回の発言は、かねてより話題となっていた、『スター・ウォーズ』スピンオフ作品の製作保留報道に対するひとつの回答と捉えることができそうだ。ルーカスフィルムは報道について「不正確」とのコメントを出していたが、現実的には今後の作品ラインナップとスケジュールを改めて検討する作業が行われるものとみられる。『スター・ウォーズ』を今後も前向きに展開していくためには、ある意味で非常にポジティブなことだと捉えることもできるだろう。

映画『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』は2019年12月20日に米国公開予定

Source: THR
©Twentieth Century-Fox Film Corporation Photographer: John Jay 写真:ゼータ イメージ

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly