Menu
(0)

Search

『ジャスティス・リーグ』スナイダー・カット、米国で一時誤配信される ─ 鑑賞者は「今までのDC映画で一番良かった」

ジャスティス・リーグ スナイダー・カット
© and ᵀᴹ 2020. Warner Media, LLC. All Rights Reserved. All trademarks are the property of their respective owners.

DC映画『ジャスティス・リーグ』(2017)の通称“スナイダー・カット”ことザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ(原題:Zack Snyder’s Justice League)』が、2021年3月18日の米国配信開始に先がけ、3月8日(米国時間)に米HBO Maxで誤配信されてしまう事件が起こった。米Varietyなどが報じている。

これはTwitterにてユーザーから報告された現象で、一時、実写&アニメを融合させた映画『トムとジェリー』を再生しようとしたところ、なぜかスナイダー・カットの再生が始まってしまうというエラーが起こっていたというもの。最初に報告したダグ・バス氏は、Varietyの取材に対して「仕事中にテレビをつけておこうと思い、『トムとジェリー』をクリックしたらスナイダー・カットが始まったんです」と語っている。

この現象について、HBO Maxからは「一時的に『ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ』が観られる状態になっていました。エラーは数分以内に対処されました」との声明が発表されている。ただしバス氏によると、スナイダー・カットは約1時間にわたって再生できる状態となっていたとのこと。再生中に画質が下がり、エラーメッセージとともに停止されたという。なお、今回のエラーの原因は明らかになっていない。

バス氏のほかにもTwitterには複数の再生報告が投稿されているほか、米The Hollywood Reporterも再生を確認。「『トムとジェリー』の再生を試みたところ、まずエラーメッセージが表示され、その後『ザック・スナイダーズ・ジャスティス・リーグ』の再生が始まった。一時停止すると『トムとジェリー』を再生中だと表示された」と記している。エラーが起きていた約1時間に、一定数のユーザーが本編を視聴したものとみられる。

ちなみにバス氏は「私はDC映画の大ファンではありません」としながら、Twitterでは「1時間ほど観ましたが、今までのDC映画で一番良かった」コメントしている。

Sources: Variety, The Hollywood Reporter

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。外部寄稿に『TENET テネット』『ジョーカー』『シャザム!』『ポラロイド』劇場用プログラム寄稿など。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly