『X-MENユニバース』のスケジュールが明らかに 『ニュー・ミュータンツ』『ガンビット』は既に脚本完成

『X-MEN』シリーズの脚本を手がけているサイモン・キンバーグ氏が、先月末にサターン賞の授賞式に出席。今後の「X-MENユニバース」について最新のスケジュールを明かした

サイモン・キンバーグ氏。 http://redcarpetrefs.com/simon-kinberg-talks-x-force-the-wolverine-3-ratings/

サイモン・キンバーグ氏。
http://redcarpetrefs.com/simon-kinberg-talks-x-force-the-wolverine-3-ratings/

今回キンバーグ氏が情報を語ったのは『ウルヴァリン』第3作『デッドプール2』『X-MEN』シリーズ次回作『ニュー・ミュータンツ(仮)』『ガンビット(仮)』の5本。既出の情報も含まれるのでご了承いただきたい。

ユニバースの現状を尋ねられたキンバーグはこう話している。

「わかっているのは、まず『ウルヴァリン』を現在撮っているところで、来年の初頭には『デッドプール2』の撮影が始まるってことだ。僕は『X-MEN』メインシリーズの次回作をすぐに書き始めなくてはいけない」

『ウルヴァリン』第3作はヒュー・ジャックマンがウルヴァリンを演じる最後の作品で、全米公開は2017年3月を予定。『デッドプール2』は続報が待たれるところだ。なお、『X-MEN』次回作もキンバーグ氏が脚本を担当するとみられる。

デッドプール2 脚本制作はほぼ完了 2017年初旬に撮影開始か

まだまだ広がる「X-MENユニバース」

おなじみとなった作品の続編が製作される一方で、新たなシリーズの準備も着々と進められている。

『X-MEN』のスピンオフとなる『ニュー・ミュータンツ(仮)』と『ガンビット(仮)』は、いずれも脚本作業が完了したところのようだ。キンバーグ氏はどちらの作品についても「とてもすばらしい台本だよ」と述べている。

『ニュー・ミュータンツ(仮)』は2017年初頭に撮影が開始されるといわれてきたが、今回キンバーグ氏は「もうすぐ撮り始めるよ」と発言。青春ラブ・ストーリー『きっと、星のせいじゃない。』を撮ったジョシュ・ブーンが監督するとあって、どんな作品になるのか未知数だ。ちなみに脚本は原作にとても忠実だという。

なおチャニング・テイタム主演の『ガンビット(仮)』は、脚本が難航して撮影が延期となっていただけに、ここでようやく本格始動となる。『Mr.&Mrs. スミス』、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のダグ・リーマンがメガホンを取り、撮影開始は来年春の予定だ。

source:https://www.youtube.com/watch?v=DRKEABr4DI8

Eyecatch Image:http://www.empireonline.com/movies/news/exclusive-new-x-men-universe-cast-photo/

About the author

稲垣 貴俊(Takatoshi Inagaki)。THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくしてお伝えできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。