Menu
(0)

Search

マーゴット・ロビーのバービー役姿がお披露目、2023年7月に実写版が米公開決定 ─ ライアン・ゴズリングがケン役

https://www.instagram.com/p/Cc1TpudpJsD/

世界的人気を誇るおなじみのファッションドール「バービー」が、マーゴット・ロビー主演・製作で実写映画化される。この度、『バービー(原題:Barbie)』として2023年7月21日に米国公開されることが決定。あわせて、ファーストルック(初画像)がお披露目となった。

このファーストルックには、マーゴットふんするバービーがブルーの衣装に身を包み、ピンクの車からこちらを見つめる姿がとらえられている。カラフルでキュートな映画を予感させる画像だ。

バービーといえば、1959年の登場以来、60年以上にわたって世界中の子どもたちに愛される着せ替え人形。実写版の物語については依然として明かされていない。

バービーのボーイフレンドとしておなじみのケン役を演じるのは、『ラ・ラ・ランド』(2016)『ブレードランナー 2049』(2017)などのライアン・ゴズリング。そのほかのキャストには、『ゴーストバスターズ』(2016)ケイト・マッキノン、『tick, tick… BOOM! : チック、チック…ブーン!』(2021)アレクサンドラ・シップ、「アグリー・ベティ」(2006−2010)アメリカ・フェレーラ、『シャン・チー/テン・リングスの伝説』(2021)シム・リウ、「インセキュア」(2016-2021)イッサ・レイ、『JUNO/ジュノ』(2007)マイケル・セラが名を連ねている。

さらに既報ではウィル・フェレルが、“おもちゃ会社のCEO役”を演じると伝えられていた。本作がどんな世界観で描かれるのかは定かでないが、もしかすると、『トイ・ストーリー』シリーズのように人間が暮らす現実世界における人形たちが描かれるのかもしれない。

世界観が気になる本作の監督・脚本を担当するのはグレタ・ガーウィグ。『フランシス・ハ』(2012)『20センチュリー・ウーマン』(2016)など俳優としても有名であるほか、『レディ・バード』(2017)『ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語』(2019)では監督を務めた。いずれの監督作も、アカデミー賞・作品賞に候補入りを果たし、世界中から新作が待望される逸材のひとりだ。共同で脚本を執筆したのは、『マリッジ・ストーリー』(2019)などのノア・バームバックである。

『バービー(原題:Barbie)』は現在撮影中2023年7月21日に米国公開予定。

Source: Variety

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly