Menu
(0)

Search

『ブラックパンサー』キルモンガー役マイケル・B・ジョーダン、演技秘話明かす ― 本編登場以前の「日記」つけていた

ブラックパンサー
©Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』が世界的ヒットを記録する中、記憶に新しいのが、マーベル・シネマティック・ユニバース初の黒人ヒーロー映画となった『ブラックパンサー』(2018)だ。
ライアン・クーグラー監督による鮮やかなストーリーテリングにおいて、主人公ティ・チャラ/ブラックパンサーと並んでひときわ際立った魅力を示したのが悪役のエリック・キルモンガー。演じたのは、『クリード チャンプを継ぐ男』(2015)などでライアン監督とタッグを組んできたマイケル・B・ジョーダンだ。

このたびマイケルは、米国のテレビ番組“The Late Show with Stephen Colbert”に出演。そこでキャスティングの経緯とあわせて、いつも取り組んでいるという役づくりの方法を明かしている。

エリック・キルモンガーの「日記帳」

『ブラックパンサー』のエリック・キルモンガー役について、ライアン監督は俳優をオーディションするのではなくマイケルを指名している。ある時、「悪役を演じてほしい、ぴったりの役だと思う」という電話がかかってきたのだとか(監督とマイケルの信頼関係や、キルモンガー役の造形についてはこちらの特集記事もぜひご一読いただきたい)。

これまでマイケルとライアン監督は『フルートベール駅で』(2013)と『クリード』でタッグを組んでいる。過去2作品と同じく、二人はエリック・キルモンガー役について「二人で背景を作った」そうだ。

僕はどんな役でも(演じる人物の)日記を書くんです。一番最初の記憶から、脚本の第1ページ目までの。そうやって背景を理解するんですよ。彼(エリック)は特にダークな役柄で、すごく悲しい日記になりました。母親なしで育っていますから、社会のシステムに出たり入ったりしている。里親や養護施設だったりね。あまりにダークなので、たぶんテレビで話すのはふさわしくないですよ。でも奥深い内容になって、本編よりも以前の姿を知ることができました。」

マイケルはエリック役を演じる上で、『ダークナイト』(2008)でジョーカー役を務めたヒース・レジャーを参考にしたという。実はヒースもジョーカーを演じるにあたって役柄の日記をつけていたそうだが、マイケルはこのアプローチを毎回採っているわけで、特別にヒースの方法へ近づけようという意図はなかったのだろう。

映画『ブラックパンサー』MovieNEXは2018年7月4日発売。ロキ役のトム・ヒドルストンからも絶賛された演技とキャラクターを、何度でもしっかりと噛み締めたい。

Sources: The Late Show, ComicBook.com

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly