Menu
(0)

Search

『ドクター・ストレンジ』監督、『アベンジャーズ/エンドゲーム』の展開を知っている ─ 成功のカギは『インフィニティ・ウォー』

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』サノス
© Walt Disney Studios Motion Pictures 写真:ゼータイメージ

映画『ドクター・ストレンジ』(2016)のスコット・デリクソン監督は、来たる集大成『アベンジャーズ/エンドゲーム』の展開を直接聞かされていたという。ファンの間で期待が高まり続けている今、スコット監督は自身のTwitterで当時のエピソードを振り返っている。

「マーベルで『ドクター・ストレンジ』の編集をしている時、ジョー・ルッソ(監督)とバッタリ会ったんです。『インフィニティ・ウォー』と『エンドゲーム』、両方のあらすじを教えてもらいましたよ。“1作目がうまくいけば、2作目はホントにスゴいことになりますね”と言いました。 #実話」

『ドクター・ストレンジ』は2016年10月に完成しており、一方で『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』(2018)および『エンドゲーム』の脚本作業は2016年を通して実施されていた。スコット監督はマーベル・スタジオのオフィスにて、脚本作業の真っ只中にあるジョー監督と遭遇し、そこでストーリーの内容を知らされたというわけだ。




しかし製作上の秘密主義が徹底されているマーベル・シネマティック・ユニバースでは、監督たちでさえ、自身の関与していない作品については何も知らされないケースが多い。『キャプテン・マーベル』のアンナ・ボーデン&ライアン・フレック監督も、『エンドゲーム』の内容については教えてもらえなかったというのだ。では、なぜスコット監督は、ジョー監督と“バッタリ会った”だけで物語の全貌を教えてもらうことができたのだろう。ドクター・ストレンジというキャラクターになんらかのヒントが隠されているのか、それともジョー監督の単なる気まぐれなのか。

ちなみにスコット監督は、ジョー監督に「“1作目がうまくいけば”2作目はホントにスゴいことになりますね」との感想を述べている。すなわち、『インフィニティ・ウォー』の成功こそが『エンドゲーム』を飛躍させるカギになっていたのだ。そして、ご存知のように『インフィニティ・ウォー』は見事な一本に仕上がっている。やはり、『エンドゲーム』は相当「スゴいこと」になっているのでは…!

映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』は2019年4月26日(金)全国ロードショー

『アベンジャーズ/エンドゲーム』公式サイト:https://marvel.disney.co.jp/movie/avengers-endgame.html

予想外の結末とは

Source: Scott Derrickson

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly