Menu
(0)

Search

「『アベンジャーズ』は出た方がいいって」フランク・グリロ、息子の説得で『エンドゲーム』オファー引き受ける

フランク・グリロ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/9364106514/

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)でクロスボーンズ/ブロック・ラムロウ役を演じたフランク・グリロは、当初アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)への再登場を断っていたという。グリロは新たなインタビューで、出演に至った理由を話している。

この記事には、『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)のネタバレが含まれています。

ブロック・ラムロウは『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)に登場したS.H.I.E.L.D.のトップエージェント。『シビル・ウォー』ではクロスボーンズとして武装、キャプテン・アメリカ/スティーブ・ロジャースらと戦闘になる。

全編見せ場だらけの『アベンジャーズ/エンドゲーム』では、アベンジャーズの一同がインフィニティ・ストーンを再回収するべくタイムラインの過去に戻る展開がある。スティーブ・ロジャースらは2012年の映画『アベンジャーズ』で描かれたニューヨーク決戦へタイムトラベルし、スティーブはマインドストーン奪取にあたった。

ラムロウが再登場するのは、ストーンの付いたロキの杖を移送するS.H.I.E.L.D.一同とスティーブがエレベーター内で遭遇するシーンだ。ジャスパー・シットウェル(マキシミリアーノ・ヘルナンデス)、ジャック・ロリンズ(カラン・マルヴェイ)と共にラムロウもエレベーターに乗っていた。『キャプテン・アメリカ/ウィンター・ソルジャー』(2014)のセルフパロディとして一戦始まりそうな緊張感が走ったが、熟練したスティーブは「ヒドラ万歳」と囁き、無血での脱出に成功する。

実はこのシーンで、ラムロウを演じたフランク・グリロは再演しないつもりだったという。Podcast番組のインタビューに登場したグリロは「クロスボーンズは、シリーズからあっという間にいなくなってしまった。ちょっとイラついたんですよ。だって7作分の出演契約を結んでいたんですからね。マーベル・ユニバースの一部分になれるんだと思っていたら、そういうわけでもなかったから」と吐露。確かに過去のインタビューでも、『エンドゲーム』後に「依頼があったら、まだ後5本は出なくちゃいけないことになってる」と話していた

『エンドゲーム』への出演オファーについては、「『アベンジャーズ』のために1週間ほど復帰していただきたいのですが」という電話がかかってきたとのこと。「”何のためにですか?“って聞いたら、”それは言えないのですが……”だと。”じゃあいいです“っつって電話切ったら、またかかって来て、”だからやりませんって、もうほっといてください“って」。

どうやら少々お怒りだった様子のグリロだが、最終的に再演を引き受けた決め手は。

「22歳の息子がいるんですけど、”いや『アベンジャーズ』は出たほうがいいでしょ“って言うんですよ。”そうか?何で?”って聞いたら、”いいから出たほうがいいって、10秒の出番でもいいから、歴史の一部になれるよ、すごいことなんだよ。世界中の人が観るし、めちゃくちゃ重要なやつだから。観た人みんな笑顔になってくれると思う”ということで。だからやったんです。息子のためです。」

グリロの息子の言う通り、ブロック・ラムロウの再登場はMCUファンを喜ばせる粋な演出となった。息子は「10秒の出番でもいいから」と話したということだが、実際に『エンドゲーム』には20秒以上登場しており、スティーブ・ロジャース役クリス・エヴァンスとセリフのやりとりも披露している。

短い場面ながら存在感をはっきり示していたフランク・グリロ。彼がいなければ、この場面の印象も大きく変わっていたことだろう。

あわせて読みたい

Source:Lights Camera Barstool

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly