Menu
(0)

Search

『ジョーカー』超ヒットスタート、世界興収2億4,840万ドル達成 ─ 米国では『ヴェノム』超え、海外市場でも記録更新相次ぐ

ジョーカー
TM & © DC. Joker © 2019 Warner Bros. Entertainment Inc., Village Roadshow Films (BVI) Limited and BRON Creative USA, Corp. All rights reserved.

[更新 2019年10月8日 13:00]

ワーナー・ブラザースは『ジョーカー』のオープニング興行成績に関する情報を再発表し、数字を上方修正した。2019年10月6日(日曜日・米国時間)時点での米国興収は9,620万ドル、海外興収は1億5,220万ドルとなり、全世界初動成績は2億4,840万ドルとなっている。これは、10月7日(日本時間)に発表されていた米国興収9,350万ドル、海外興収1億4,050万ドルをそれぞれ上回る好成績となった。本記事公開時の発表は以下の通りである。


DCコミックス原作、“狂気の犯罪王子”が誕生するまでの物語をホアキン・フェニックス主演で描いた映画『ジョーカー』が2019年10月4日(金)に日米同時公開された。ヴェネツィア国際映画祭で最高賞(金獅子賞)を受賞し、米国では内容ゆえに公開前から物議を醸した本作は、想像を超える大ヒットを記録。2019年10月6日(日曜日、米国時間)までの全世界興行収入は2億3,400万ドルに達している

米国にて4,374ヶ所にて公開された『ジョーカー』は、10月4~6日の3日間で国内興収9,350万ドルを稼ぎ出し、10月公開作品のオープニング興収記録を更新。これまで最高記録を保持していた、『ヴェノム』(2018)の8,000万ドルを軽々と上回る成績を打ち立てた。『ヴェノム』がPG指定だったのに対し、『ジョーカー』はR指定。大人の観客が確かな注目を注いでいたことの証明といえるだろう。

また、本作は米国以外の73市場2万2,552スクリーンで公開されており、海外オープニング興収は1億4,050万ドルとなった。なお日本・イギリス・ロシア・韓国・イタリアなど39市場では2019年公開のワーナー・ブラザース作品の初動記録を更新。スペイン・オーストラリア・メキシコなど21市場でワーナーによる10月公開作品の初動記録を塗り替えたほか、日本・韓国・イタリアなど6市場でDC作品史上最高のオープニングを飾った。

海外で特に優れた成績を示したのは、10月2日(水)に公開を迎え、コミック映画人気が著しい韓国の1,630万ドル。続いてイギリスの1,480万ドル、メキシコの1,310万ドル、ロシアの1,000万ドルが続く。米Deadlineは、具体的な数字を伝えていないものの、日本についても「注目すべき市場」として紹介している。なお本作は、今後フランスで10月9日に、ドイツで10月10日に公開予定。巨大映画市場・中国での公開は現時点で認可されていないという。

ワーナー・ブラザースの米国配給部門を代表するジェフ・ゴールドスタイン氏は、国内外での大ヒットにあたって以下のコメントを発表した。『ジョーカー』は米国にて「現実の暴力を誘発する可能性があるのではないか」と一部で問題視されていたが、その声をはねのけての盛況ぶりに、まずは喜びの声が発されている。

「この映画がどういう作品であるかをみなさんが理解しており、いろんな声は(映画の)妨げにはならなかったということです。この映画は示唆に富んだ作品です。トッド・フィリップス(監督)とマーケティング・チームを非常に誇りに思います。また北米のみならず、『ジョーカー』は海外でも期待以上の成績を収めました。作品をとりまく賛辞や話題、議論が映画ファンの心に届き、作品を高い優先順位に置くこととなったのです。映画というものは、もとより物議を醸す性質であるがゆえ、日常的な話題のひとつになっています。そして時には、映画という立場を超え、文化的な事件となることがあります。『ジョーカー』とは、まさにそういう作品です。」

映画『ジョーカー』は2019年10月4日(金)より全国公開中

あわせて読みたい

Sources: Variety(1, 2), Deadline(1, 2), Box Office Mojo

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly