Menu
(0)

Search

Netflixアニメ「パシフィック・リム」2020年配信、2シーズン製作決定 ─ 『GODZILLA 怪獣惑星』ポリゴン・ピクチュアズが製作

パシフィック・リム:アップライジング
©Legendary Pictures/Universal Pictures.

『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)のギレルモ・デル・トロ監督が生んだ、“ロボット vs 怪獣”の戦いを描くSFアクション映画『パシフィック・リム』シリーズのテレビアニメ版「パシフィック・リム(原題:Pacific Rim)」が、2020年の配信を目指して製作されていることがわかった。米IGNが報じた。

アニメ版「パシフィック・リム」は、2018年11月にNetflixが製作を発表。『パシフィック・リム』(2013)『パシフィック・リム:アップライジング』(2018)の世界観を拡大する作品で、ティーンエイジャーの少年と妹が、行方不明の両親を探すため、廃棄されたイェーガーのパイロットになる物語だと伝えられている


プロデュースを担当するのは、映画版シリーズを手がけたレジェンダリー・ピクチャーズ。同社でブランド開発などを指揮するエリー・デケル氏は、米ロサンゼルスで開催されたイベント「Project Anime」にて、アニメ版「パシフィック・リム」が2シーズン製作されること、第1シーズンが2020年に配信されることを認めた。

なお本作は、レジェンダリー・ピクチャーズと、テレビアニメ「亜人」(2016)やアニメ映画『GODZILLA 怪獣惑星』3部作などを生んだ日本のアニメ制作会社ポリゴン・ピクチュアズが提携して製作するもの。エリー氏によれば、本作は「最高規模の予算を投じたアニメシリーズのひとつ」であり、「Netflixとレジェンダリーの(アニメへの)献身を証明する」作品になるということだ。

シリーズのショーランナー(製作統括)は、映画『マイティ・ソー バトルロイヤル』(2017)脚本のクレイグ・カイルと、「X-メン:エボリューション」(2004-2008)などマーベル・コミック原作のアニメ作品を多数執筆してきたグレッグ・ジョンソンが務める。

テレビアニメ版「パシフィック・リム(原題:Pacific Rim)」は、2020年にNetflixにて第1シーズンの配信が開始。『パシフィック・リム:アップライジング』ブルーレイ&DVDは発売中。

あわせて読みたい

Source: IGN

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。国内舞台作品の執筆・創作にも携わっています。ビリー・アイリッシュのライブに行きたい。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly