『プレデター』シリーズ最新作『ザ・プレデター(原題)』ついに撮影開始!

純粋な『プレデター』シリーズの第4作目となる、最新作『ザ・プレデター(原題:The Predator)』の撮影が、ついにカナダのバンクーバーで開始された。

監督を務めるのは、記念すべき第1作目の『プレデター』で、猥談ばかり喋ったあげく、特殊部隊の隊員で一番最初に“ハンター”の襲撃を受け惨殺されて、木に逆さ吊りにされる通信兵リック・ホーキンス役を演じていたシェーン・ブラックである。

本作品に関してはずいぶん前から様々な噂が飛び交っており、徐々にその出演者なども公表されてきてはいたのだが、一部からは「本当に製作されるのか?」と危ぶむ声も聞こえていたので、個人的には正直それほど期待はしていなかった。しかし実際に動き出したと聞けば、往年の『プレデター』愛好家としては一気にテンションが跳ね上がることは言うまでもない。

監督のツイッターには以下のような発言もあるように、本作はR指定を想定しているようだ。過去の『プレデター』、そして『プレデター2』のような、血みどろのハンティングや“逆さ吊り祭”が繰り広げられることが予想される。

また同ツイッターには、監督のシェーン・ブラックと出演者たちが顔を揃えた写真も公開されている。

写真は左から、スターリング・K・ブラウン、トレバンテ・ローズ、ボイド・ホルブルック、オリヴィア・マンキーガン=マイケル・キー、そして中央の子役がジェイコブ・トレンブレイである。シェーン・ブラック監督、第1作目に比べてすいぶん肥えている……。

また、本作でハンターを演じるのはカイル・ストラウツだと発表されている。ちなみに第1作目の主役、特殊部隊で唯一の生存者だったアラン・“ダッチ”・シェイファー少佐役を演じたアーノルド・シュワルツェネッガーがカメオ出演するという噂があったものの、現時点でその可能性は薄いということだ……残念。

思えば、2010年公開の第3作『プレデターズ』は、ロバート・ロドリゲスが製作を務めるということで非常に期待していたのだが、蓋を開けてみたら大いに残念な作品に仕上がっていた。今回も過度の期待は大怪我のもと、個人的には極力“適当”に見守りたい。

『ザ・プレデター』のアメリカでの公開予定は2018年2月9日。具体的なプロットなどは明らかにされていないが、『プレデター』シリーズの新たな幕開けが華々しいものになることを期待したい。

ジャングルの悪夢を完全再現!『プレデター』30周年記念アクション・フィギュアのリリースが決定

Eyecatch Image: https://twitter.com/BonafideBlack/status/833709665410117632/photo/1

About the author

普段はあまり摂取しないコーヒーとドーナツを、無駄に欲してしまう今日この頃。You know, this is - excuse me - a damn fine cup of coffee.

THE RIVER 公式iPhoneアプリ


JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。