Menu
(0)

Search

『ソー:ラブ&サンダー』惑星ひとつ分のシーンが全カット?ナタリー・ポートマンが明かす

ソー:ラブ&サンダー
©Marvel Studios 2022

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)最新作ソー:ラブ&サンダー』の上映時間は1時間59分になるようだが、主演のクリス・ヘムズワースタイカ・ワイティティ監督は、実際には即興的に撮影されて本編入りしなかったシーンが山ほどあると明かしている。その点について、ジェーン・フォスター/マイティ・ソー役でカムバックするナタリー・ポートマンも新情報を提供した。

ヘムズワース&ワイティティは、『ラブ&サンダー』は初期段階で4時間尺のバージョンが存在していたと説明していた。その情報を耳にした米Colliderがポートマンとのインタビューで、「削除されたシーンがいくつかあると聞きました。惜しいと思うものはありましたか?」と質問し、こう答えている。

「いっぱいあります。本当にたくさんあって、それがタイカ・ワイティティによるプロジェクトの楽しくもあり、悲しいところではないでしょうか。彼は数多くの素晴らしい素材を大量に生み出すので、映画が無限の長さになり得ます。

その結果、信じられないほど面白くて感動的なコメディやドラマがカットされてしまうんです。だから、(削除されて惜しいシーンは)たくさんあります。もう本編には入っていない、惑星ひとつ分のシーンがあるんです。」

その答えにインタビュアーが、「削除されたシーンをまとめてリリースしてほしいと、監督にお願いしないといけませんね」と反応すると、ポートマンも同意。「そういったシーンがDVDの特典かどこかに収録されて、リリースされることを祈っておきます。かなり素晴らしい内容ですから」と付け加えている。

キャストと監督が揃って明かした、惜しくも削除されてしまったシーンの数々。そのままお蔵入りとするにはもったいない気も。ポートマンが言うように、劇場公開後にDVDやBlu-rayに収録されたり、ディズニープラス(Disney+)で配信されたりすることを期待したい。

『ソー:ラブ&サンダー』は2022年7月8日に劇場降臨。

あわせて読みたい

Source:Collider

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly