Menu
(0)

Search

MCUフェーズ4でヤング・アベンジャーズ結成なるか ─ ケヴィン・ファイギが言及「『アイアンマン』のニック・フューリーの気分」

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)ファンの間で長らく登場が期待されているヤング・アベンジャーズについて、マーベル・スタジオ社長のケヴィン・ファイギが言及した。

ヤング・アベンジャーズとは、アベンジャーズの次世代チームとして、若手スーパーヒーローたちが集結したヒーローチーム。MCUの『アントマン』シリーズ第3作『アントマン&ワスプ:クアントゥマニア(原題:Ant-man And The Wasp: Quantumania)』の悪役として登場することで知られる征服者カーンが前身の姿ナサニエル・リチャーズだった頃に、未来からやってきた自分のお告げにより結成した。

アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)をターニングポイントに、世代交代の過渡期にあるMCUでは、2021年1月に幕を開けたフェーズ4を皮切りに、新たな若手キャラクターが続々と登場している。『アベンジャーズ』の物語に1つの大きな区切りがついた今、新世代チームとして期待されているものこそ、ヤング・アベンジャーズなのだ。

MCU参戦を望む声が相次ぐ一方で、これまで口がつむがれてきたヤング・アベンジャーズについて、ファイギ社長が米Entertainment Weeklyのインタビューにて考えを明かした。「ワンダヴィジョン」に始まるMCUドラマ群の役割が、ヤング・アベンジャーズ結成に向けた足がかりなのかどうかを訊かれたファイギ社長は「いちコミックファンとして、コミックにあるものは常に我々のインスピレーションでありガイドポイントでもあります」と回答。これを踏まえた上で、新たなヒーローチーム誕生を示唆している。

「いかにして複数の物事が1つとなり、形となっていくのかは、常に期待を打ち破るようなことです。楽しさの醍醐味はつねに、それらを交わらせることですね。とにかく、フェーズ4で、今後も続いていくような新たなタイプのキャラクターたちを紹介していくことになります。

こう語るファイギ社長、現在の心境を「『アイアンマン』(2008)ラストのニック・フューリーみたいな気分」と表現する。つまり、アベンジャーズ結成の提案を、アイアンマン/トニー・スタークに告げる前のフューリーと同じ気持ちということだ。「新しい役者やパフォーマーが参加するたびに、“君たちは拡大の途中にあるユニバースの一部なんだよ”と伝えています」とファイギ社長。「いま彼らには、ファンを作るために求められる役割をして貰う必要があります」。

これより先では「ワンダヴィジョン」の内容に触れていますのでご注意下さい。

“ヤング・アベンジャーズ”というワード自体には触れなかったファイギ社長だが、既報で判明している新たなヒーローたちの多くは、原作コミックにおいてヤング・アベンジャーズに関連したキャラクターだ。「ワンダヴィジョン」に登場したワンダとヴィジョンの双子の子トミーとビリーは、それぞれスピードとウィッカンという名のスーパーヒーローとしてヤング・アベンジャーズで活躍。また、ドラマ「ホークアイ(原題:Hawkeye)」で初登場するケイトビショップは2代目ホークアイとして、『アントマン』第3作で再登場するキャシー・ラングはスタチュアとして、チームに属する。

また興味深いことに、コミックではヤング・アベンジャーズの発足人ナサニエルの未来の姿である征服者カーンが、上述のように『アントマン』第3作のメインヴィランとして登場することも判明済みだ。現状、ヤング・アベンジャーズ結成は不確定な推測にすぎないが、コミックが“ガイドポイント”であるというファイギ社長の言葉に拠れば、その可能性は大いにあるだろう。

ちなみに、ファイギ社長は以前、『エンドゲーム』に続く『アベンジャーズ』続編の実現について「いずれやります」と答えていた。ここでヤング・アベンジャーズが結成なんてこともあり得るかもしれない。

あわせて読みたい

Source: Entertainment Weekly

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

Ranking

Daily

Weekly

Monthly