Menu
(0)

Search

マーベルドラマ「ロキ」はMCUの「新たな一角」築く ─ 脚本家は『ドクター・ストレンジ』続編も執筆

ロキ
(C)2021 Marvel

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)のドラマシリーズ「ロキ」は、やはり今後のユニバースに大きな影響を及ぼす可能性がある…? 脚本・製作のマイケル・ウォルドロンが、米Entertainment Weeklyにて気になるコメントを発表した。

「ロキ」の舞台は『アベンジャーズ/エンドゲーム』(2019)の後、四次元キューブを手にしたまま逃げ出したロキは、“世界の時間”を監視する謎の組織・TVA(Time Variance Authority)に囚われていた。自由になるには、自分が改変してしまった現実を元に戻し、歴史を変え、“世界の時間”を修復しなければならない……。

いまだストーリーの詳細は謎に包まれているが、マーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長は、本作を以前「犯罪スリラー」と形容し、「そうは思われないかもしれない」と述べていた。今回、ウォルドロンは「僕が提案したのは、巨大で、クレイジーで、楽しいタイム・アドベンチャー」と発言。あくまでも痛快な“冒険もの”に仕上がっていることを予感させるコメントだ。

間違いなくカギを握るのは、「ワンダヴィジョン」(2021)のS.W.O.R.D.に続いて登場する新組織・TVAだ。ウォルドロンは「TVAは新たなキャラクターを演じるキャストたちによる、まったく新しい世界。それが本作の一番面白いところで、MCUの新たな一角を築くことになります」と語っている。Entertainment Weeklyでは、TVA職員たちにロキが拘束されている新たな場面写真も公開された。

「ワンダヴィジョン」や「ファルコン&ウィンター・ソルジャー」(2021)でも、過去に登場しなかった舞台や設定などが描かれており、その意味では、それぞれに“MCUの新たな一角”が築かれてきた。しかし「ロキ」の場合、『アベンジャーズ/エンドゲーム』で示された時間軸の分岐について新たな可能性が判明することがありうるほか、今後『ドクター・ストレンジ・イン・ザ・マルチバース・オブ・マッドネス(原題)』に直結することも判明している。何を隠そう、『ドクター・ストレンジ』続編の脚本を執筆しているのも、「ロキ」を手がけるマイケル・ウォルドロンその人なのだ。

出演者はロキ役を再演するトム・ヒドルストンをはじめ、『ナイト ミュージアム』シリーズのオーウェン・ウィルソン、『美女と野獣』(2017)のググ・バサ=ロー、『イエスタデイ』(2019)のソフィア・ディ・マルティノー、『スター・ウォーズ/スカイウォーカーの夜明け』(2019)のリチャード・E・グラントら。監督は「セックス・エデュケーション」(2019-)のケイト・ヘロン。

ディズニープラス オリジナルドラマシリーズ「ロキ」は2021年6月9日(水)16時より日米同時配信。

Source: Entertainment Weekly

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

「わかりやすいことはそのまま、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすく」を信条に、主に海外映画・ドラマについて執筆しています。THE RIVERほかウェブ媒体、劇場用プログラム、雑誌などに寄稿。国内の舞台にも携わっています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp まで。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly