Menu
(0)

Search

『ミッション:インポッシブル』第7作、全力疾走のトム・クルーズ再び ─ 初の劇中写真公開

ミッション:インポッシブル 第7作
https://www.instagram.com/p/CLtlTfADMTU/

トム・クルーズ、今回も走る。

人気スパイアクションシリーズ『ミッション:インポッシブル』第7作(タイトル未定)より、初の劇中写真が公開された。監督のクリストファー・マッカリーが自身のInstagramで投稿している。

1996年から続く『ミッション:インポッシブル』シリーズもいよいよ7作目に突入。毎回のミッションで、息を呑むほどの繊細アクションから度肝を抜くド迫力アクションまでを披露してきたトム・クルーズだが、きたる第7作でも全力疾走のようだ。

第7作の撮影は大部分が完成しており、ポストプロダクション(撮影後作業)に進んでいると見られる。これまで世界各国での撮影風景をInstagramに投稿してきたマッカリー監督は、このたび初の劇中写真を公開。暗く狭い路地を全力で駆け抜けるトムのシルエットが映し出されている。

トム演じるイーサン・ハントは、第7作で新たなミッションに挑むことになる。写真のイーサンは何者かに追われているのか、それとも追っているのか。はたまた、誰かの救出に向かっているのか。写真から伝わるノワール調の雰囲気は、第1作でのプラハの夜街を彷彿とさせられる。

第7作には、主演のトムほか、イルサ・ファウスト役レベッカ・ファーガソンやルーサー・スティッケル役ヴィング・レイムス、ベンジー・ダン役サイモン・ペッグなど、お馴染みの顔ぶれが続投。前作『ミッション:インポッシブル/フォールアウト』(2018)から、ホワイト・ウィドウ役のヴァネッサ・カービーやCIA長官エリカ・スローン役のアンジェラ・バセットも登場する。第1作でユージーン・キトリッジ役を演じたヘンリー・ツェニーが復帰し、新キャストとしてヘイリー・アトウェル、ポム・クレメンティーフ、シェー・ウィガムらが出演する予定だ。

ちなみに、第7作と連続での実施が予定されていた第8作の撮影は、コロナ禍によるスケジュール変動のため延期となっている。

映画『ミッション:インポッシブル』第7作は2021年11月19日、第8作は2022年11月4日に米国公開予定(ともにタイトル未定)。

あわせて読みたい

Writer

SAWADA
SawadyYOSHINORI SAWADA

THE RIVER編集部。宇宙、アウトドア、ダンスと多趣味ですが、一番はやはり映画。 "Old is New"という言葉の表すような新鮮且つ謙虚な姿勢を心構えに物書きをしています。 宜しくお願い致します。

THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~

極上サスペンス「THE UNDOING ~フレイザー家の秘密~」疑い、裏切り、衝撃の連続にのめり込む ─ ニコール・キッドマン×ヒュー・グラント豪華共演

キャッシュトラック

ジェイソン・ステイサムが最強の新人『キャッシュトラック』ガイ・リッチーとの黄金タッグ復活、クライム・アクションの新たな傑作

クライム・ゲーム

【プレゼント】ソダーバーグ新作犯罪映画『クライム・ゲーム』THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ ベニチオ・デル・トロ、ドン・チードル、マット・デイモンら超豪華共演

クーリエ:最高機密の運び屋

【レビュー】『クーリエ:最高機密の運び屋』カンバーバッチの共依存がつくる緊迫のサスペンスに海外メディア絶賛

新スタートレック エンタープライズD

「新スタートレック」エンタープライズDを組み立てよ ─ スタジオモデルを精緻に再現したレプリカキットが限定発売

オールド

【予告編考察】シャマラン『オールド』時間が異常加速するビーチの謎 ─ 一日で一生が終わる極限タイムスリラー

ザ・スーサイド・スクワッド "極"悪党、集結

『ザ・スーサイド・スクワッド』は「観るエナジードリンク」、ヤバすぎ展開が「最初から最後まで1秒も止まらない」 ─ 推しキャラ、キング・シャークに人気集まる

フリー・ガイ

『フリー・ガイ』を観て「初めて映画で笑い泣き」 ─ 「観終わってもずっとドキドキ」「想像の7000倍」絶賛の声続々

Ranking

Daily

Weekly

Monthly