Menu
(0)

Search

MCU『スパイダーマン4』、ジョン・ワッツ監督続投に製作陣が期待 ─『ファンタスティック・フォー』から離脱も、MCU復帰に前向き

ジョン・ワッツ
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/28545872452

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』(2021)につづく“シリーズ第4作”が計画されているが、果たして監督のジョン・ワッツはカムバックするのだろうか?

2017年からはじまった『スパイダーマン』トリロジーは、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』をもって完結したが、“さらなる3作”の製作が判明済みでありトム・ホランドの続投も見込まれている。この度、米Deadlineでは、ソニー・ピクチャーズやプロデューサーたちが、主演のトムをはじめ、MJ役のゼンデイヤ、そしてジョン・ワッツとともにシリーズを継続させることに期待を寄せていることが明らかにされている。

同記事は、ワッツが『ファンタスティック・フォー(仮題)』の監督から離脱したことを伝えるものだが、その理由は、「スーパーヒーロー・ジャンルからいったん距離を置くため」だといい、あくまでも友好的な離脱とのことだ。「またご一緒にお仕事ができることを楽しみにしています」と、MCUへの復帰にも前向きな姿勢を示していることから、『スパイダーマン』シリーズにてカムバックする可能性は十分に有り得そうだ。

なおワッツの次回作は、ジョージ・クルーニー&ブラッド・ピット主演、ふたりのフィクサーをメインキャラクターとしたスリラー映画となる予定。『スパイダーマン』シリーズで一躍大きな注目を浴びた監督だが、もともとは、『クラウン』(2014)『COP CAR/コップカー』(2015)というホラー&スリラージャンルを手掛けていたことで知られる。“スーパーヒーロー・ジャンル”から離れ、ワッツは原点回帰することになりそうだ。

あわせて読みたい

Source:Deadline

Writer

Minami
Minami

THE RIVER編集部。「思わず誰かに話して足を運びたくなるような」「映像を見ているかのように読者が想像できるような」を基準に記事を執筆しています。映画のことばかり考えている“映画人間”です。どうぞ、宜しくお願い致します。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly