Menu
(0)

Search

『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』続編、いよいよ撮影開始! ジェームズ・マカヴォイがSNSで報告

(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

2017年秋に世界を震撼させた、巨匠スティーヴン・キングの傑作ホラー小説を原作とする『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』の続編映画『It: Chapter Two(原題)』の撮影がいよいよ始まったようだ。
恐怖の殺人ピエロ、ペニーワイズと前作で戦った少年少女たち「ルーザーズ・クラブ」のリーダー、大人になったビル・デンブロウ役を演じるジェームズ・マカヴォイが自身のInstagramにて報告している。

Day 1 on IT 2. Glad you got the memo guys. #passthecheeseplease #derryordairy

James Mcavoyさん(@jamesmcavoyrealdeal)がシェアした投稿 –

ジェームズが“Day 1 on IT 2”と記しているように、『It: Chapter Two』の撮影は2018年6月19日(米国時間)に始まった模様だ。以前の情報では2018年7月から撮影開始と伝えられていたが、少々前倒してのスタートになったとみられる。2019年9月6日の米国公開まで、残されている時間はたっぷりある。アンディ・ムスキエティ監督を筆頭にじっくりと作り込まれた、前作以上の恐怖を今から楽しみにしておこう。

映画『IT/イット “それ”が見えたら、終わり。』は、R指定ホラー映画として史上最高の米国興行収入を叩き出した2017年の大ヒットホラー。続編となる『It: Chapter Two』では前作から27年後を舞台に、大人になったルーザーズクラブのメンバーが再びペニーワイズの恐怖と対峙することになる。ペニーワイズを演じるのは前回から続投するビル・スカルスガルドだ。

しかし、ビル自身が「(前作で)子どもを相手にしていたのとは反対に、今回戦う役者たちは全員非常にベテランで大人」だと述べているように、この続編映画に集まった大人版「ルーザーズ・クラブ」は非常に力強い顔ぶれだ。
大人になったリーダー、ビル役を『X-MEN』シリーズや『スプリット』(2016)のジェームズが演じる以外に、紅一点のベバリー・マーシュ役は『ゼロ・ダーク・サーティ』(2012)や『モリーズ・ゲーム』(2018)の注目女優ジェシカ・チャステインが出演交渉中だと報じられた。本来なら、この二人だけでピエロの一体や二体くらい余裕で倒しそうである……。

またエディ・カスプブラク役にはドラマ『THE WIRE/ザ・ワイヤー』(2002-2009)や映画『タンジェリン』(2015)のジェームズ・ランソン、スタンリー・ユリス役にはドラマ『POWER/パワー』(2014-)や『ダイバージェントFINAL』(2016)のアンディ・ビーン、ベン・ハンスコム役はジェイ・ライアン、黒人少年マイク・ハンロン役はアイザイア・ムスタファが演じる。眼鏡の少年リッチー・トージアの“大人版”には、映画『インサイド・ヘッド』(2015)のビビリ役や『スター・ウォーズ』BB-8電子音の声優で知られるビル・へイダーが交渉に入ったとされる

映画『It: Chapter Two(原題)』は2019年9月6日に米国公開予定。とにかく早く観たい…!

Source: James Mcavoy
(C)2017 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND RATPAC-DUNE ENTERTAINMENT LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

Writer

稲垣 貴俊
稲垣 貴俊Takatoshi Inagaki

THE RIVER編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはほんの少しだけわかりやすくお伝えしたいと思っています。お問い合わせは inagaki@riverch.jp へ。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly