『ソー/ラグナロク』あらすじ&現場写真が到着!ドクター・ストレンジも参戦し、ソーvsハルクのシビル・ウォーへ突入か?

映画『マイティ・ソー』シリーズの第3作、『ソー/ラグナロク(原題)』のあらすじが到着、あわせて撮影現場の写真が公開された。

今年2017年は、日本でマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)作品が4作品公開されるとみられる。一つめは、いよいよ1月27日公開の『ドクター・ストレンジ』、二つめは5月12日公開『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』、三つめは8月11日公開『スパイダーマン ホームカミング』だ。最後を飾る『ソー/ラグナロク』は11月3日に全米公開されるので、『ドクター・ストレンジ』の悲劇を繰り返さなければ年内には公開されるだろう。

まずは、届いたばかりの『ソー/ラグナロク』撮影現場写真をご覧いただきたい。右がソー役のクリス・ヘムズワース、左がタイカ・ワイティティ監督だ。ヘムズワースの左に映っているのが、ドラマ『ARROW』に主演しているスティーヴン・アメルではないかという推理もあるが……いかんせんピントが合っていないのでなんとも言えない状況である。

https://news.marvel.com/movies/57701/get-first-look-marvel-studios-thor-ragnarok-new-photo/ ©2016 Marvel Studios

https://news.marvel.com/movies/57701/get-first-look-marvel-studios-thor-ragnarok-new-photo/ ©2016 Marvel Studios

ドクター・ストレンジの参戦

2017年の年明け早々、ディズニーは『ソー・ラグナロク』にドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)が登場することを認めて話題を集めた。ディズニーのファンクラブ・サイト“D23”で公開されたニューイヤー・メッセージにはこう記されていたという。

11月の『ソー/ラグナロク』にはソーとハルク、そしてドクター・ストレンジが、銀河を股にかける新旧の悪役たちと対決すべく集結する。

ストレンジが『ソー/ラグナロク』に登場するという噂は以前から存在したが、思わぬタイミングでの公式発表は、世界中のファンにとってサプライズとなった。この発表により、おそらくストレンジの出番がカメオ出演レベルではないであろうこと、そして本作が『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』に参加していない主要キャラクターが集まる映画になることが確約されたのである。

ドクター・ストレンジが『ソー:ラグナロク』に参戦?マーベル映画に異変の予感

しかし、今回新たに発表された『ソー/ラグナロク』のあらすじを読むかぎり、物語はかなり厄介なところからスタートすることになりそうだ。

ソー vs ハルクのシビル・ウォー?

マーベルが発表した『ソー/ラグナロク』のあらすじにはこう記されている。

ソーは武器のハンマーを奪われ、宇宙の反対側に監禁されていた。彼は、一刻も早くアスガルドに戻り、故郷とその文明を破壊するラグナロクを止めなければならないことを知る。全能の力は、新たなる脅威、冷酷なるヘラの手にあった。しかしソーは、まず命がけの剣闘大会を生き延びねばならない。そんな彼の前に立ちはだかったのは、かつての仲間であり、アベンジャーズの同士であるインクレディブル・ハルクだった!

ソーがアスガルドに戻るため参加する剣闘大会で、対戦相手としてハルクが現れる……となれば、これはどう見ても「ソー vs ハルク」の構図だ。『シビル・ウォー』は「アイアンマン vs キャプテン・アメリカ」だったが、こちらも同じような対決から始まるのだろうか? もしそうなれば、『アベンジャーズ』で見られた対決ふたたび、というわけである。

また先日、THE RIVERでは『ソー/ラグナロク』にコミック「プラネット・ハルク」の惑星サカールが登場することを報じた。コミックでは、サカールの皇帝が奴隷たちを戦わせており、剣闘士の一人としてハルクもその剣闘に加わっている。この要素が映画にも大きく取り上げられることは間違いないだろう。もっとも、なぜハルクが宇宙にいるのか、という謎は当面解明されそうにない。

『ソー/ラグナロク』にコミック「プラネット・ハルク」の惑星サカールが登場決定!ふたつの世界観が混じった映画に

今回公開されたあらすじによれば、ヴィランであるヘラ(ケイト・ブランシェット)が、“ラグナロク”によってアスガルドを破壊しようとしているようだ。本作にはロキ(トム・ヒドルストン)も登場するが、一体このストーリーにどう絡んでくるのだろうか。また、登場2作目にしてドクター・ストレンジは宇宙に飛び出してしまうのか……。シリーズに登場してきたキャラクターがどんな活躍を見せるのかも楽しみだ。

映画『ソー/ラグナロク(原題)』は2017年11月3日全米公開予定。すでに本編の撮影は終了しており、現在はポスト・プロダクションの真っ最中である。

『ソー/ラグナロク』監督、「ほかのマーベル映画は全部無視した」と告白。そこから見えるマーベルの映画哲学とは?

sources : https://news.marvel.com/movies/57701/get-first-look-marvel-studios-thor-ragnarok-new-photo/
http://comicbook.com/2017/01/01/doctor-strange-seemingly-confirmed-for-thor-ragnarok/
https://www.comicbookmovie.com/thor/thor_ragnarok/the-god-of-thunder-is-finally-back-in-this-first-official-a147916
Eyecatch Image: http://image.net/twds2017
©2016 Marvel Studios

About the author

1989年生まれ。ORIVERcinema編集部。わかりやすいことはそのままに、わかりづらいことはわかりづらいまま、少しだけわかりやすくしてお届けできればと思っております。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

ポップカルチャーは世界を変える

TwitterでTHE RIVERをフォローしよう!


こちらの記事もオススメ

JOIN THE DISCUSSION

※承認されたコメントのみ掲載されます。