Menu
(0)

Search

『デアデビル』リブート企画が始動か? ─ プロダクション情報伝える米誌で判明

チャーリー・コックス
Photo by Gage Skidmore https://www.flickr.com/photos/gageskidmore/35794958200/

マーベル・コミックスの人気キャラクターで、“恐れを知らぬ男”と呼ばれるデアデビル/マット・マードックを描く『デアデビル』のリブート企画が動き出している可能性が浮上している。

映画やドラマのプロダクション情報を伝える米Production Weeklyの2022年3月17日(米現地時間)のセクションに、「『デアデビル』のリブート」とだけ記載されており、現時点ではキャストなど他の情報は届いていない。よって、このプロジェクトが、Netflixのドラマ「Marvel デアデビル」(2015-2018)にデアデビル役で主演したチャーリー・コックスをフィーチャーした作品になるのかどうかも不明だ。

だが、3月17日という日付けに注目したい。というのも、「Marvel デアデビル」をはじめとするNetflixのマーベル・ドラマシリーズ6作品が、米国のディズニープラスにて2022年3月16日より配信開始され、その翌日にリブート版『デアデビル』の製作情報が届いたからだ。単なる偶然かもしれないが、そうでない可能性も十分にあり得る。

仮に、この企画がコックス主演のシリーズと関係しているなら、“リブート”ということはNetflixシリーズをシーズン4へ更新するのではなく、大きくコンセプトなどを一新することになるのだろうか。リブートはシリーズにおける連続性を捨て、作品を新たに一から仕切り直すからだ。

2022年3月上旬にはコックスが、「Marvel デアデビル」のディズニープラスへの移籍について、「ボーン・アゲインだ」とコメントしていた。“ボーン・アゲイン(Born Again)”とは「生まれ変わる」「生まれ直す」という意味になり、もしかしたらコックスは単に移籍についてだけでなく、“リブート”を意図していたのかもしれない。いずれにせよ、続報には目を光らせておきたい。

Source:Production Weekly

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

ヴェノム レット・ゼア・ビー・カーネイジ

【考察】『ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ』クレタスの独房の壁、スパイダーマンやモービウスを示唆?360度動画とブルーレイ映像特典から考える

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」

「ザ・ネバーズ<シーズン1>パート1」能力者バトルを描く『X-MEN』の系譜継いだSFアクション ─ HBOの新たな自信作、魅力を大解剖

ドゥーム・パトロール

【ご招待】DCドラマ「ドゥーム・パトロール 」THE RIVER独占オンライン試写会に100名様 ─ はみ出し者たちの新ヒーロー・チーム活躍のアクションドラマ、当選者には特別プレゼントも

ガンパウダー・ミルクシェイク

【レビュー】『ガンパウダー ・ミルクシェイク』両極端MIX、カッコよくてカワイくてヤバイが混ざった刺激的な一杯

Ranking

Daily

Weekly

Monthly