Menu
(0)

Search

『ワイスピ10』観客は「驚いてブっ飛ぶ」、紆余曲折な展開をテズ役リュダクリスが大胆予告

ワイルド・スピード/ジェットブレイク
© 2020 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved...

世界中で絶大な人気を誇るカー・アクション映画『ワイルド・スピード』シリーズの次作『Fast X(原題)』にカムバックするテズ役のリュダクリスが、最新作に期待できることを語っている。

20年以上も展開している本シリーズは第11作でファイナルを迎えるため、クライマックスへの橋渡しとなる第10作『Fast X』では、ファンの度肝を抜いてくれるような何かが待っているようだ。米Entertainment Tonightの取材に登場したリュダクリスが、「ファンは第10作に驚かされるだろう」と予告している。

「どの映画でも思うんだ。“どうやったら、これを超えられるだろう?どうやったら宇宙を超えられるんだろうか?しっかりしろよ”ってね。新作には捻りがあって、さらに曲折もある。より多くのキャラクターが登場するし、観客が驚いてブっ飛ぶんじゃないかな。次作からは多くの情報を得られるだろうね。第10作は来年公開されるよ。」

リュダクリスが言及した“宇宙”とは、前作『ワイルド・スピード/ジェットブレイク』(2021)で、テズとローマン(演:タイリース・ギブソン)が改造車で宇宙へ行ったことだと思われる。そして、なんと言っても気になるのが“多くのキャラクター”についてだろう。これまでにシリーズでルーク・ホブス役を演じたドウェイン・ジョンソンは、ドミニク役のヴィン・ディーゼルとの不仲を理由に第10作への出演を正式に再否定している。一方、『ワイルド・スピード/スーパーコンボ』(2019)でホブスの相棒となったデッカード・ショウ役のジェイソン・ステイサムは復帰すると思われる。

第10作にはリュダクリスとヴィン・ディーゼル、レティ役のミシェル・ロドリゲスらお馴染みのメンバーに加え、ジェイソン・モモア、ブリー・ラーソン、ダニエル・メルシオール、アラン・リッチソンといった豪華新キャストが参戦する。

『Fast X(原題)』は2023年5月19日に米国公開予定。

Source:Entertainment Tonight

Writer

Hollywood
Hollywood

ロサンゼルスに11年在住していた海外エンタメ翻訳家/ライター。海外ドラマと洋画が大好き。趣味は海外旅行に料理と、読書とキャンプ。

プレデター:ザ・プレイ

『プレデター:ザ・プレイ』狩るか狩られるか?観たかった「プレデター」が詰まった戦慄サバイバル ─ シリーズ復習で備えよう

アンビュランス

『アンビュランス』は何位?マイケル・ベイ人気投票「BAY-1(ベイワン)グランプリ 」結果発表【プレゼント】

L.A.コールドケース

【解説】ジョニー・デップ『L.A.コールドケース』ラッパー暗殺事件って? ─ 90年代ヒップホップ界で起きた最悪の未解決事件とは

モービウス

マーベル映画『モービウス』ネットミーム化?ここできちんと再評価しておきたい ─ リリース決定、ダークな魅力を見落とさないで

ドゥーム・パトロール シーズン1

しくじりヒーロー奮闘記「ドゥーム・パトロール」、奇抜すぎる世界観ながら愛されるワケ ─ トラウマと向き合う者たち、DCドラマの新境地

スモール・アックス

ジョン・ボイエガ、レティーシャ・ライト出演、魂の人間ドラマ「スモール・アックス」 ─ 歴史を動かした「小さな斧」たちの闘志とは?

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

【予告編考察】『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』鍵を握るキャラ、決戦の行方、秘密を徹底予想 ─ 『ハリポタ』との繋がりに迫る

ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密

これを読めば『ファンタビ』最新作の準備は万端、『ファンタスティック・ビーストとダンブルドアの秘密』を観る前にシリーズ前2作をおさらいしよう

Ranking

Daily

Weekly

Monthly