Menu
(0)

Search

映画『ヴェノム』特集 ─ スパイダーマン最大の宿敵、マーベル最悪のダークヒーローのすべて

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

スパイダーマン最大の宿敵であり、マーベル最悪のダークヒーローが新たに誕生する最新作『ヴェノム』が、2018年11月2日(金)より日本公開となる。『スパイダーマン:ホームカミング』のソニー・ピクチャーズが放つ『ヴェノム』。 本記事では物語の基本情報や主要キャラクターの設定など、この映画の注目ポイントの全てをお伝えしていきたい。

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

ヴェノムとは

原作コミックにおけるヴェノムの初登場は1984年。宇宙から来た寄生生物シンビオートがスパイダーマンに寄生し、ブラックコスチューム状態となったブラックスパイダーマンとなる。このコスチュームはスパイダーマンに強力なパワーを与えたが、恐ろしくなったピーター・パーカーはこれを捨てる。分離したコスチュームは、その後エディ・ブロックに寄生する。ヴェノムは自我を持ったコスチュームとエディ・ブロックが一体となった存在であるため、一人称が「We(俺たち)」となる。映画『ヴェノム』でも、「俺たちはヴェノムだ(We are Venom)」というセリフが確認できる。

『ヴェノム』予告編

アメリカなど世界で大ヒット!続編の可能性

『ヴェノム』は2018年10月5日に米国公開されるや、公開後3日間で米国興行収入8,000万ドルを記録し、米国で10月に公開された作品のオープニング記録を更新した。また海外での初動興収も1億2,500万ドルを突破、累計オープニング成績が2億ドルを突破したことは予想外の快挙となっている。

ヴェノム
LOS ANGELES, CA – OCTOBER 1, 2018 -Tom Hardy, Michelle Williams, Jenny Slate and Riz Ahmed at Columbia Pictures’ VENOM World Premiere at the Regency Village Theater

その後も本作は米国で2週連続でランキングのトップ1を記録しているほか、2018年10月28日(米国時間)時点で全世界興行収入5億ドルを突破。ヒーロー映画への注目がとりわけ高い韓国をはじめ、海外で非常に優れた成績を示しており、ロシアではソニー作品史上最大のヒット作となっている。

また『ヴェノム』のIMAX上映が高い成果を示したことを受けて、ソニー・ピクチャーズはIMAXとの長期契約を締結。2019年には『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』(7月5日米国公開)、クリス・ヘムズワース主演の『メン・イン・ブラック』新作スピンオフ映画(タイトル未定、6月14日米国公開)、『ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル』(2017)の続編映画(タイトル未定、12月13日米国公開)が早くもIMAX上映されることが決定している。

むろんこうしたヒットから期待が高まるのは、『ヴェノム』の続編が製作される可能性だ。2018年11月1日時点でソニーやマーベルからの正式な発表はないが、本作に“謎の役柄”で出演しているウディ・ハレルソンは「今回は出番が少ない役なんです。でも次の作品に出てくるんですよ」とコメント。すでに続編やシリーズ化の構想が存在することを示唆している。

日本でも大ヒット!動員・興行収入は初登場1位

ヴェノム

日本では2018年11月2日(金)より公開。週末土日2日間の記録は、動員289,012人、興行収入439,035,300円となり、動員・興収ともに第1位を記録する大ヒットスタートを切った

公開初日から3日間の累計成績は、動員396,989人、興収596,152,400円となり、絶好調のスタート。この週末の動員ランキング2位は『スマホを落としただけなのに』。2位作品の動員や興収記録は開示されていないが、『ヴェノム』はこれに「圧倒的」な差をつけたという。

日本でのNo.1オープニング達成が後押しとなり、全世界累計興行収入はで約612億円(5億4160万ドル)を突破した。

映画『ヴェノム』動員・興行収入 内訳データ

『ヴェノム』のヴィラン、ライオット

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

そもそも『ヴェノム』も悪の魅力を放つダーク・ヒーローではあるが、映画の物語上のヴィラン(悪役)として登場するのは、ライオット。予告編映像では、両腕をブレイド状に変化させて凶暴な姿を見せているほか、飛び散るように拡散したシンビオートに包まれ、ヴェノム/エディ・ブロックと対峙する姿も見られる。

キーとなるのは、リズ・アーメッド演じるカールトン・ドレイク率いるライフ財団だ。財団はヴェノムからシンビオートを摘出しており、そのうちのひとつがライオットとなる。演じるリズは、自身の役柄についてこう述べている。

「彼(カールトン)は億万長者の天才発明家。ライフ財団は、人類の未来はどんなものになるのかという疑問に答えを出そうとしています。きっと彼は、未来は宇宙にあったのだと思うんでしょう。そしてシンビオートを見つけるんですよ。」

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

パキスタン系イギリス人のリズ・アーメッドは、『ナイトクローラー』(2014)への出演で注目を集め、2016年には『ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー』ボーディー・ルック役で世界的ブレイク。俳優業のほか、「Riz MC」名義でラッパーとしても活動している

『スパイダーマン3』のヴェノム

実写映画におけるヴェノム/エディ・ブロックといえば、サム・ライミ監督版シリーズ『スパイダーマン3』(2007)にも登場している。演じたのはトファー・グレイスで、主人公ピーター・パーカーと勤め先を同じとする新聞社デイリー・ビューグルの新人カメラマン。仕事の不正をピーターに派手に暴かれて職を失ったところ、スパイダーマン/ピーターから分離したシンビオートに寄生され、ヴェノムになる。クライマックスではサンドマンと手を組んでスパイダーマン&ニュー・ゴブリンとの激しいタッグバトルを繰り広げるも、弱点である金属音が仇となり敗れた。

『スパイダーマン3』のヴェノム/エディ・ブロック
CREDIT: Sony Pictures/Photofest 写真:ゼータイメージ

初の実写映像化とあって期待も高かったものの、サム・ライミ監督があまりヴェノムを好んでおらず、原作のダーク・ヒーローとしての魅力は描かれなかった。プロデューサーのアヴィ・アラッドは後に「公正な立場で言うなら、あれは僕のせいです。サム・ライミが当時あちこちのインタビューで話していたことに罪悪感を抱いていたんです。僕が無理に(ヴェノムを)出させたんです」との反省を語っている

ちなみに『スパイダーマン3』版エディを演じたトファー・グレイスは、この度のトム・ハーディ版『ヴェノム』への期待を寄せている。「正直に言って、トムこそあの役を演じる男だと思います。ファンの一人として、映画を観るのが楽しみです。彼はとにかく最高の男だと思うので。」トファーは、かつてトムが『ダークナイト ライジング』(2012)でヴィランのベイン役を演じたことにも言及し、「彼が最高のヴィランを演じられることは証明されてますから」とも述べている。

日本版ポスターに対する海外の反応

『ヴェノム』の国内におけるプロモーションで大きな話題を呼んだのが、2018年8月に公開された日本オリジナルのポスタービジュアルだ。ヴェノムが大きな口をぱっくりと開き、鋭い牙を剥き出しにし、長い舌を飛び出させたこのビジュアルは、グロテスクかつクールなデザインとして、日本のみならず世界から絶賛を浴びたのである。

ヴェノム 日本版ポスター
©&TM 2018 MARVEL

このポスターについては、発表直後から米国メディアがそれぞれの言葉で賛辞を送ってきた。たとえば米CBRは「予告編より恐い」Heroic Hollywood「予告編よりも興奮する」「最高のポスター」Comicbook.com「コミックから飛び出したようなデザインで、ファンも間違いなく気に入るだろう」「ヴェノム史上最高にカッコいいのでは」と記した。GeekTyrantは「すっかり虜になったし、オタク魂をくすぐられた」としたうえで、「映画マーケティング史上最高傑作」とまで称えている。

ソニー・ピクチャーズによる日本国内でのプロモーションでは、『スパイダーマン:ホームカミング』のために『アイシールド21』の村田雄介氏が描きおろしたポスターも海外から「最高」との評判を得ていたのが記憶に新しい。今後も日本独自の切り口で、さらにクールなポスターを届けてくれることを楽しみにしよう。

エミネムによるテーマ曲「Venom」

日本語吹き替え版の主題歌には人気バンドUVERworldが「GOOD and EVIL」を提供したことも話題の『ヴェノム』には、映画『8 Mile』(2002)などでも知られる人気ラッパーのエミネムがテーマ曲を描き下ろしている。タイトルは映画と同名の「Venom」で、2018年8月31日にサプライズリリースされたアルバム「Kamikaze」に収録されているほか、のちにデジタル・シングルとしてもリリースされている。リリックに「シンビオート」や「マーベル」、そして主人公の名前である「エディ・ブロック」といった言葉が織り込まれた、まさしく『ヴェノム』のための一曲だ。

映画版『スパイダーマン』とテーマ曲の歴史としては、かつてサム・ライミ監督が手がけた『スパイダーマン』3部作では、第1作(2002)にニッケルバックのメンバーであるチャド・クルーガーが、第2作(2004)にダッシュボード・コンフェッショナルが、そして第3作(2007)にスノウ・パトロールがテーマソングを提供していた。エミネムが『ヴェノム』のためにテーマ曲を書き下ろしたことで、ソニー&スパイダーマンの“伝統”が11年ぶりに復活したことになる。

なおエミネムは、米国のテレビ番組「Jimmy Kimmel Live!」の企画にて、本楽曲「Venom」をニューヨークのエンパイア・ステート・ビルで披露している。この映像は新しいGoogleのスマートフォン「Google Pixel 3」で撮影されたものだ。詳細はこちらの記事に譲るが、まずは映像をご覧いただきたい。

海外レビュー騒動

『ヴェノム』は米国で劇場公開されるや予想を覆すほどの大ヒットとなったが、その幸先は必ずしも良いとはいえなかった。2018年10月1日(現地時間)に米国でワールドプレミアが開催されたのち、オンラインには賛否両論の声が続出したのである。しかし一部で大きな混乱を呼んだのは、SNS上にて『ヴェノム』のネガティブな感想が、まったく同じ文面で複数のアカウントから投稿されるケースが散見されたことだった。異様な事態に気づいたユーザーが、直後からフェイクの感想に対する注意を呼びかける事態となっている。

一連の経緯に関する詳細はこちらの記事をご参照いただきたいが、上のツイートでも指摘されているように、『ヴェノム』のネガティブな感想のなかには、本作を貶める一方、米国で同日公開された『アリー/ スター誕生』を薦めるものも少なくなかった。

BuzzFeedは、こうした動きの背景に、『アリー/ スター誕生』に出演している歌手レディー・ガガの熱狂的ファンがいることを伝えている。
同サイトが『ヴェノム』に関するフェイクの感想を拡散したガガのファン複数人に取材を行ったところ、ある者は「(フェイクの拡散は)お互いのツイートをパクり合うというジョークでしかない」、またある者は「ガガのファンは『ヴェノム』のプレミアを潰すために偽アカウントを作っている」と回答したという。過激なファンのこうした動向は今回が初めてではなく、以前はガガ本人や大手ファン・コミュニティなどが行動を改めるよう呼びかけていた。

主人公エディ・ブロック役キャスト トム・ハーディ

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

本作主演としてエディ・ブロックとヴェノムの声を兼任するのは、イギリス出身の俳優トム・ハーディ。デビュー作はリドリー・スコット監督の『ブラックホーク・ダウン』(2001)。『インセプション』(2010)イームス役でブレイクすると、クリストファー・ノーラン監督作の常連となり、『ダークナイト ライジング』(2012)ではヴィランのベイン役に起用された。(DC映画とマーベル映画の両方に出演したこととなる。)また、『ダンケルク』空の主人公ファリア役でも活躍した。『マッドマックス 怒りのデス・ロード』(2015)では主人公マックスを演じ、複数の賞を受賞している。2015年の『レヴェナント:蘇りし者』ジョン・フィッツジェラルド役では、アカデミー賞助演男優賞にノミネートされている。

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』(2017)ではストームトルーパー役としてカメオ出演していたものの、公開時には出演シーンがカットされてしまっていた。私生活では、元恋人レイチェル・スピードとの間に息子ルイスちゃんを授かっており、2015年10月には妻シャーロット・ライリーとの間に第二子が誕生している。

ヴェノム/エディ・ブロックの役作り

ヴェノムとエディ・ブロックの二人一役を演じるにあたって、トム・ハーディは様々な人物からの影響を公言している。

まず、主にエディ・ブロックを組み立てるにあたって参考にした人物は映画監督で俳優のウディ・アレン。「神経症をこじらせた感じからくるユーモア」を取り入れた。続いて、総合格闘家のコナー・マクレガーの「豪快だけど、喋りすぎない感じ」。そして90年代を代表するラッパーのレッドマン(Redman)だ。「。制御不能で、頭の中で自由に生きている感じ」を参考にしたという。ほか、、「『インディ・ジョーンズ』のハリソン・フォード」からの影響も明かしている。

トムはこの映画でヴェノムの声優も務めているが、この寄生生物の声を再現するにあたっては、前出のレッドマンほか、ラッパーのバスタ・ライムス(Busta Rhymes)、「ファンクの帝王」ことジェームズ・ブラウンを参考にしたという。いずれの人物も、力強い声が特徴的な黒人アーティストだ。トムは演技に先行してヴェノムの声を収録し、現場ではイヤホンでヴェノムの音声を聴きながら演じたという。「傍から見たら、何も聞こえないからかなり変だったと思います。1人で勝手に喋ってる人みたいに見えますからね。これこそ、シンビオートに寄生されたエディ・ブロックが抱える問題のひとつなわけです。」

削除シーンは40分?

トム・ハーディがインタビューで答えているところによると、本編には収録されなかった削除シーンが30〜40分ほどあったという。トムお気に入りのシーンも含まれていたようで、「狂ったみたいな腹話術のシーンとか、ダーク・コメディのシーン」だったとのことだ。

なおトムは今作の撮影を大いに楽しんだようで、ヴェノムが憑依した状態をアドリブで演じた撮影分が「7時間分以上はあると思う」と明かしている。いずれ何らかの形で観られることに期待したい。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)との関係性

映画『ヴェノム』と、『アベンジャーズ』などのマーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)の関係性は、少々複雑だ。

結論を先に記せば、『ヴェノム』はMCUと世界観を共有していないただし、今後のクロスオーバーの可能性はある。

おなじみマーベル・コミックのヒーローであるスパイダーマンは、映像化権をこれまでソニー・ピクチャーズが有していた。それゆえスパイダーマンは、過去に何度も映画版が製作されながらも、マーベル・スタジオが主導するMCUには参入することができなかったのだ。しかしその後、両社の事業提携が実現。『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』(2016)よりスパイダーマンはMCUへの参加を果たしている。トム・ホランド主演による“新スパイダーマン”の単独映画第1作『スパイダーマン:ホームカミング』(2017)は、まぎれもなくMCUの流れを汲む作品だ。

「スパイダーマン」関連キャラクターの映像化権を独占的に有するソニーは、MCUとは異なる独自の世界観によるシリーズの成功を狙っている。『ヴェノム』は、いわばその第一弾だ。スパイダーマンはMCUの住人だが、(原作コミックでは)その宿敵であるヴェノムはソニー独自の世界で展開されるということになる。なおソニーの「スパイダーマン」関連映画としては『ヴェノム』に続いてアニメ『スパイダーマン:スパイダーバース』がそれぞれ全米で公開を控えている(共に日本公開も決定)。それ以降も、『スーサイド・スクワッド』(2016)のジャレッド・レト主演で『モービウス(邦題未定、原題:Morbius)』の制作が決定している他、これまでにシルクナイトウォッチクレイヴン・ザ・ハンターシルバー&ブラックジャックポットといった企画の存在が報じられてる。こういった一連のシリーズは、ソニー社内でSony’s Universe of Marvel Characters(SUMC)と呼ばれていることも明らかになっている

トム・ホランド版スパイダーマンは登場するか

“「スパイダーマン」のスピンオフ”という建前ながら、MCUとは世界観を分かつ独自のシリーズということで、これまで多くのファンがスパイダーマン/ピーター・パーカーの本作登場を望んでいた。これについてルーベン・フライシャー監督は、現地インタビューにて次のように答えている

「正直、何を言っていいのかわからないんですよね。その…答えは知ってますよ、僕は映画を観てますから。でも言っちゃいけないことを言って、トラブルに巻き込まれたくないので…。」

『ヴェノム』の関係者たちは、これまで本作にスパイダーマンが登場するかどうかについて肯定も否定もしていない。今回のルーベン監督による発言のみならず、以前はプロデューサーのマット・トルマック氏が、インタビューで「ヴェノムの映画ですよ」とだけ繰り返し、決定的な答えを避けている

将来的なクロスオーバーの可能性

ソニーは将来的なクロスオーバーを見越して、『ヴェノム』のトーンを全年齢向けの『スパイダーマン/ホームカミング』にできるだけ近づけようと考えたという。近年のアメコミ映画作品は『デッドプール』シリーズや『LOGAN/ローガン』(2017)といった過激な描写を含むR指定作品が新潮流を見せる一方、グロテスクな世界観をもつ『ヴェノム』はこうしたバイオレンス要素の美味しいところを取りながらも、「スパイダーマン」と合流の可能性を自ら絶たない程度のバランスを試みている。その結果、本国アメリカで『ヴェノム』はPG-13指定(「13歳未満の鑑賞には、保護者の強い同意が必要」とする注意喚起。あくまで年齢制限ではない)に落ち着くこととなった。一方でルーベン監督やプロデューサー陣は、本作をR指定にすることは一度も検討されなかったとも明かしている

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

ちなみに『ヴェノム』の製作中、ルーベン監督はMCUを統括するマーベル・スタジオのケヴィン・ファイギ社長とは一度も面会していないという。このことからは、本作とMCUのクロスオーバーが今後すぐ実現するものではないことが予感されるだろう。
しかし監督は、スパイダーマンとヴェノムの共演は「必然だと思う」と述べているほか、それぞれのキャラクターを演じるトム・ホランド&トム・ハーディも実現を楽しみにしていることを明かしている。「問題はいつ、どこでやるのかということなんですよ。」

『ヴェノム』主なキャラクター/キャスト、スタッフ

主なキャラクター/キャスト

  • トム・ハーディ……エディ・ブロック/ヴェノム
  • ミシェル・ウィリアムズ……アン・ウェイング
  • リズ・アーメッド……カールトン・ドレイク
  • スコット・ヘイズ……ローランド・トリース
  • リード・スコット……ダン・ルイス
  • ジェニー・スレイト……ドーラ・スカース
ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

主なスタッフ

  • 監督:ルーベン・フライシャー
  • 脚本:ジェフ・ピンクナー&スコット・ローゼンバーグ、ケリー・マーセル、ウィル・ビール
  • 製作:アヴィ・アラッド、マット・トルマック、エイミー・パスカル
  • 音楽:ルドウィグ・ゴランソン
  • 撮影監督:マシュー・リバティーク
  • 編集: メリアン・ブランドン、アラン・ボームガーテン

『ヴェノム』あらすじ

ヴェノム
©&TM 2018 MARVEL

《誰もが望む、歴史的偉業》を発見した「ライフ財団」。それは、世界を変えるはずだった。

正義感溢れるジャーナリストの主人公エディ・ブロック(トム・ハーディ)は、ある日、科学者・慈善家・発明家のカールトン・ドレイク率いるライフ財団が人体実験で死者を出しているという情報をつかんだ。噂の真相を突き止めるべく取材を試みたエディは、ドレイクが秘密裏に“シンビオート”(地球外生命体)を宇宙から持ち帰って人体実験を繰り返していることを知る。

しかしエディは、人体実験の被験者との接触によって、凶悪なシンビオート“ヴェノム”に寄生されてしまった。意思を持った生命体の声が聞こえ始めたエディの体内では、とてつもない変化が起きる。彼の中で解き放たれた“悪”が、体を蝕み増殖していくのだ。「俺たちは――ヴェノムだ」。やがてエディとヴェノムは一体となり、ついに史上“最悪”のダークヒーローが誕生する!

映画『ヴェノム』は2018年11月2日(金)より全国ロードショー

『ヴェノム』公式サイト:http://www.venom-movie.jp/

Writer

THE RIVER編集部
THE RIVER編集部THE RIVER

THE RIVER編集部スタッフが選りすぐりの情報をお届けします。お問い合わせは info@theriver.jp まで。

Comment

Ranking

Daily

Weekly

Monthly